米SEC、米国版バイナンスと関連会社を調査か=報道

米国版バイナンスのマーケットメーカーを調査

米国の証券取引委員会(SEC)は、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの米国部門と、バイナンスと関係のある2つの取引会社を調査している模様だ。ウォールストリートジャーナルが報道した。

バイナンスとは

取引高・登録者数が非常に多く、世界的に有名な暗号資産取引所。

▶️仮想通貨用語集

調査対象となっているのは、シグマ・チェインAG(Sigma Chain AG)とメリット・ピークLtd(Merit Peak Lt,)という2つの取引会社である。2社は米国版バイナンスの取引所で、マーケットメーカーとしての役割を担っている。バイナンスと2社につながりがあることを、ユーザーに開示しているかを巡り、調査が行われているという。

マーケットメーカーとは

取引の世界で重要な役割を担う。流動性を提供し、市場取引がどのような時も円滑に機能することを目的に、ある資産を継続的に売買する。一般的に、買値と売値のわずかな差額を徴収することで報酬を得ている。

▶️仮想通貨用語集

米国版バイナンスのウェブサイトには、「提携するマーケットメーカーが取引所で取引を行う可能性がある」と書かれているが、具体的な会社名については言及されていない。

報道によると、シグマ・チェインAGとメリット・ピークLtdは、過去の企業文書で、バイナンスCEOの、CZ(Changpeng Zhao)氏と関係があることが示されている。例えば、2019年1月時点の書類で、CZ氏はシグマの取締役会長として記載されていた。(その後、バイナンスと関係のある別の人物に交代している)

専門家によると、こうした関連会社に、不当な利益を与えていないかという点は検討対象になり得る。例えば、取引へのアクセスという面で優遇されていないか、他の市場参加者よりも、迅速に取引できるような待遇を受けていないかなどの点だ。

また、仮想通貨市場のマーケットメーカーは、株式市場のマーケットメーカーとは異なり、まだ規制されておらず、会社ごとに業務形態が大きく異なることを課題として指摘する声もある。業界の標準化が行われていない状況があるという。

なお、SECの調査が、必ずしも法的執行措置に結びつくわけではない。

バイナンスのコメント

米国版バイナンスの広報担当者は、SECの調査についての言及は控え、「米国版バイナンスは、最高水準の法的遵守を維持することを約束する」とコメントした。

また、バイナンスのグローバル広報担当者は、「バイナンスは非上場企業であるため、企業構造などの詳細を開示する必要はないものの、要求があれば、規制当局と情報共有する」としている。

規制対応を進めるバイナンス

世界最大規模の仮想通貨取引所バイナンスには、2021年夏頃より、各国の規制当局から警告が相次いだ。バイナンスは現在、各国の規制へ対応を進めているところである。

CZ氏は21年7月、「国際的なコンプライアンスチームの強化、法的遵守のためのパートナーシップの拡充、地域ごとの規制の準拠」などを掲げ、今後も規制機関と協力していくと話していた。

それぞれの国や地域で、規制の基準が当局により明確に整備されていくことの必要性にも言及し、バイナンスもそのために貢献していきたいとしている。

関連仮想通貨取引所バイナンス 各国政府の警告・金融機関のサービス停止事例まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します