バンダイナムコがメタバース開発を発表、150億円の投資を計画

デジタル事業の重点戦略

株式会社バンダイナムコホールディングスは先週、22年4月から25年3月までのバンダイナムコグループの中期計画を発表。IP(知的財産権)ごとのメタバース開発を進めていく方針を明らかにした。

メタバース(仮想現実)構想は、デジタル事業の重点戦略のひとつとして位置付けられている。開発のため150億円を投資する計画も告知された。

メタバース内では、IPを軸にした複数のエンターテイメントを提供する計画。物理的な商品とデジタルが融合する仕組みの実装を想定しているという。

関連:マクドナルドや角川、メタバースでの商標登録を申請

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

中長期的なIP価値の最大化のため、メタバースを活用してファン同士のつながり方の質を追求することも発表された。コミュニティやコンテンツを通じて、ユーザーが長期的な関係を築ける環境を構築していくとのことだ。

政治面からの注目も始まる

メタバースに参入する企業の数は、日増しに増えつつある。

15日には米金融大手JPモルガンが銀行初として、メタバースプラットフォーム「ディセントラランド(MANA)」にラウンジを開設したことを発表。国内では1月、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックが、NFTゲームプロジェクト「ザ・サンドボックス(SAND)」で、メタバース都市開発を行うことを告知するなどの事例も見られた。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

また、政治面からの注目も始まっている。ロイター通信は、欧州連合(EU)のマーガレーテ・ヴェスタガー委員が8日、メタバースを規制するか決定する前に、もっとそれを理解する必要があると述べたと報道した。

ヴェスタガー氏は、欧州委員会のデンマーク代表。独占禁止法やEUのデジタル化を担当している人物だ。同氏は、メタバースへの注力を表明したメタ社に関しても注視しているという。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します