仮想通貨取引所GMOコイン、メイカー(MKR)とダイ(DAI)を新規取扱い

DAIの国内初上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは17日、メイカー(MKR)とダイ(DAI)の取扱いを開始したことを発表した。

この2銘柄は販売所サービスと「つみたて暗号資産」にて取り扱われる。国内取引所でのMKRの取扱いは、bitbankが22年1月に初めて上場させて以来、2例目で、ステーブルコイン「DAI」は今回が日本初の上場となる。

関連bitbank、メイカー(MKR)が国内初上場へ

関連仮想通貨取引所GMOコイン、カルダノ(ADA)取扱い開始

MKRとDAIの関係

メイカー(MKR)は2017年にローンチされたMakerDAOのガバナンストークン。同プラットフォーム上で発行されるDAIの発行・管理などを行ういわゆるブルーチップのDeFiプロジェクト(イーサリアム基盤)だ。

DAIは1DAI=1米ドルが目標価格として設定されており、ステーブルコインUSDCやETHおよびその他のERC20トークンによって裏付けられている。

関連:多様な仮想通貨(ビットコイン)取引が持ち味のGMOコイン 初心者にもおすすめな理由と特徴を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します