約80億円を集めたPixelmonプロジェクト、予告と異なるNFTデザインに批判集まる

デザインの違いに批判集まる

イーサリアム(ETH)を活用したNFT(非代替性トークン)プロジェクトPixelmonは、デザイン公開をめぐって多くの批判を受けている。

同プロジェクトは、任天堂のポケットモンスターにインスパイアされたとされるモンスターが登場するNFTゲーム。先日、登場モンスターのデザイン公開(ガチャ開封)が行われたものの、事前予告と違いすぎる質の低いデザインに対し、失望したコミュニティが大きく反発した形だ。

Pixelmonは、NFTのミント(発行)を最大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」で2月初頭に実施。販売はダッチオークション形式で行われ、価格は最大3ETH(約93万円)として設定されていた。

ダッチオークションとは、公開価格から順に値を下げてゆき、最初に買い手がついた値段で商品を売るシステムだ。

NFTは販売開始1日足らずで完売し、同プロジェクトは7,000万ドル(80億円)の調達に成功した。この時点では、各NFTは卵(デザイン未公開)状態で、どのような容姿のモンスターが含まれているのか確認することができなかった。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

支援していたコミュニティの失望により、現在はPixelmonのNFTは「OpenSea」で約0.4ETH(約13万円)のフロアプライス(市場底値)で取引されている。当初の販売価格から大きく下落した形だが、面白半分にインターネット・ミーム化したことで、象徴的とされるモンスターのKevinが高騰した。

OpenSeaを確認したところ、仮装売買などの相場操縦が含まれている可能性はあるものの、3〜4ETHの取引履歴が確認されている。

Pixelmon

なお、Pixelmonは現在、アルファ版の開発が進行中。Syber氏によれば、2022年内のリリースを目指しているとのことだ。

関連: 楽天、NFT電子市場「Rakuten NFT」をローンチ

将来的に改善と主張

Pixelmonは、モンスターをNFTとして捕獲できるシステムを採用しているが、発行されたNFTコレクションは、ゲーム内では捕獲できない「プレイアブルなジェネシスコレクティブル」となっている。またNFTの購入者には、ゲーム内の土地のエアドロップが実施される予定だ。

コミュニティからの批判に対して、Pixelmonの創設者Syber氏は、ツイッターで「(Pixelmonの開発)計画は当初から、調達した資金を使って、より良いモデルを作る」仕組みと説明。プロジェクトのNFTは「アップデート可能で、現在の品質の低さは、将来的に改善される」と主張している。

デザイナーともトラブルか

公開されたPixelmonのデザインには、別の問題も浮上している。制作の一部を担当したデザイナーが、「納品物がNFT化することを知らなかった」と発言しているのだ。

この情報は、NFTプロジェクトduck frensの創設者、ManaMoon氏が、Pixelmonのモンスターelemental dragonのバリエーションを手掛けたとされる、MalberS Animations氏にコンタクトした結果明らかになった。

MalberS Animations氏によれば、制作報酬は支払われたものの、NFTとして展開されることは伝えられていなかったという。報酬は、ドラゴン1体につき1,000ドル(約12万円)、修正作業後に1,000ドルで合計7,000ドルだったそうだ。

関連: ブロックチェーンゲームで遊ぶメリットと自律分散型の将来性|廃猫

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します