ベネズエラ、最低賃金を自国の仮想通貨ペトロと連動へ

ペトロ価格の50%に連動

南米ベネズエラは、最低賃金を現在の約18倍である126ボリバル(約3,200円)に引き上げることを発表した。また、同国における最低賃金を独自の暗号資産(仮想通貨)ペトロ(PTR)価格の50%に連動していく。

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領の声明をブルームバーグが報じた。

ペトロは、18年にローンチされた石油を裏付け資産とする独自の仮想通貨。ベネズエラでは経済混乱により大規模なインフレが継続しており、自国通貨ボリバルの信用度が低下していたため、通貨価格の安定を目的にペトロ発行に至った。発行当初は「国が管理する初めての仮想通貨」と宣伝されていた。

関連: ベネズエラ:冬のボーナスを「仮想通貨ペトロ」で支給

ベネズエラは昨年より、時刻経済の「米ドル化」を非公式に決定しており、規制緩和などを行うことで財政赤字の削減に成功したと説明。最低賃金の引き上げは、21年4月以来の動きとなる。

マドゥロ大統領によれば、賃金の引き上げは、数ヶ月にわたる税収の「節約」によって実現すると述べており、ペトロ価格の50%に連動することで、既存の最低賃金の18倍まで増加することに成功したという。

仮想通貨を推す国や都市

国家として仮想通貨を利用する国は、ベネズエラ以外にも存在する。

代表格は、ビットコイン(BTC)を法定通貨として採用したエルサルバドル共和国だ。同国は21年9月より、ビットコインを法定通貨として採用。サービス業などでの支払いに利用可能としたほか、ビットコインでの納税も可能となっている。

法案の可決以降、エルサルバドルは定期的にビットコインの買い増しを行っている。1月には、仮想通貨を推進する特区「ビットコイン・シティ」を発表した。さらに、3月中にビットコイン債券を発行する計画も進んでいる。

関連: エルサルバドルの「ビットコイン債券」、3月中の実現目指す=報道

またヨーロッパでも、自治体が仮想通貨を推進する動きが見られる。スイスのルガーノ市は今週4日、ビットコイン、テザー(USDT)、スイスフラン連動のステーブルコイン「LVGA」の3銘柄を事実上の法定通貨にすることを発表したばかり。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

ルガーノ市はテザー社と協力し、欧州におけるブロックチェーンのハブ(中心地)になるという計画を推進。個人や企業の税金、公共サービスの利用料や授業料などの支払いに、発表した3銘柄を利用できるようにしていく。

関連:スイスのルガーノ市、ビットコインやテザーを事実上の法定通貨へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します