米FBI長官「ロシアの仮想通貨を利用した制裁回避の可能性は低い」

「ロシア政府の仮想通貨利用の可能性低い」

米FBI(連邦捜査局)のクリストファー・レイ長官は10日、ロシア政府が暗号資産(仮想通貨)を利用して制裁回避を行うリスクは国際社会から過剰評価されていると発言した。米上院諜報活動特別委員会の公聴会で明らかにした。

同公聴会ではロシアのウクライナ侵攻を受けた国際情勢について、米議員がFBIやCIA(中央情報局)などの諜報機関のトップらを召喚。質疑応答の一部では、民主党所属のマーティン・ハインリック議員がロシア政府が仮想通貨を利用して制裁を逃れるリスクについて質問した。

FBIのレイ長官は以下のように発言した。

仮想通貨を利用して制裁を回避するロシアの能力は(国際社会から)非常に過大評価されていると思う。

我々の対策はコミュニティーとして、また海外のパートナーとともに、(国際社会の)評価している以上に効果的だ。そのような取り組みを阻止するためのツールや戦略など専門知識を持ち合わせている。

レイ長官は仮に、ロシアが仮想通貨を利用して制裁を回避してもいずれかは法定通貨に換金する必要があると指摘。西欧諸国からの厳しい制裁下で、これは困難であると述べた。

また、同氏はこれまでFBIが仮想通貨を利用した犯罪捜査の大体的な押収を行ってきたと説明。「仮想通貨を利用した制裁回避手段の脆弱性は明らかだ」とコメントした。

FBIは21年10月、ユーロポール(欧州刑事警察機構)などと連携して、150人以上の麻薬密売人を逮捕。累計6億円相当の仮想通貨の押収に成功し、30億円相当の現金や大量の武器や麻薬の差し押さえていた。

FBIは2020年にも「Operation DisrupTor」という取り組みで7億円相当の現金と仮想通貨を押収していた事例がある。

関連:FBIやユーロポール、麻薬密売人から5.6億円相当の仮想通貨を押収

その他の制裁回避手段

また、アブリル・ヘインズ国家情報長官は2014年のクリミア危機など、米政府の過去の傾向を基に、プーチン政権は一定の経済制裁に対抗する手段を用意していたと言及。具体的には、石油などの販売や金準備、中国人民元などを用意していたが、「制裁は外貨預金へのアクセスを難しくした」と説明した。

ルーブルの急落やロシアの株式市場の閉場などが経済制裁の効果を裏付けていると語った。

ウクライナ侵攻が開始した直後から、ロシア・ルーブルとウクライナ・フリヴニャ建のビットコイン取引量は一時急増。一部の米議員や欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁などはロシア政府が仮想通貨を制裁回避手段として利用する可能性を危惧していた。

関連:米議員、対ロシア制裁の仮想通貨法案を提出へ

関連:欧州連合、ロシアの仮想通貨取引監視を強化へ 制裁逃れを警戒

出典:CoinShares

ただ、業界専門家のJake Chervinsky氏などは取引履歴がパブリックに残る仮想通貨をロシア政府にとって好ましくないと指摘。米財務省の関係者もブロックチェーン上の追跡は容易であると指摘しており、FBIのレイ長官と同様の見解を示していた。

関連:ルーブル建てのビットコイン取引量急増、制裁逃れに仮想通貨が利用されるリスクは

なお、米政府は今週9日に仮想通貨の調査を多数の政府機関に命じる大統領令を発表したばかり。

仮想通貨シンクタンクCoinCenterのJerry Brito氏はこの大統領令は「連邦政府が仮想通貨業界が米国経済の重要な一部分であることを認めた」ことを示すと評価するなど、バイデン政権が仮想通貨を冷静に評価する姿勢を見せていると分析していた。

関連:反響広がる仮想通貨関連「米大統領令」、政府関係者や有識者らの見解まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します