バイナンス・カストディが顧客保護を強化、保険大手の米ロックトンらと協力  投資家保護強化へ

投資家保護を強化

世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのカストディ部門「Binance Custody」は11日、ロイズ銀行やロックトンが関わる保険「Cold Storage Insurance」を取得したことを発表した。費用対効果の高い保険によって、機関投資家保護の強化を図る。

今回の発表は、Binance Custodyが高いセキュリティ基準をクリアし、リスクプロファイル評価を通過した実績によるものだ。

Cold Storage Insuranceは、イギリスの大手商業銀行であるロイズ銀行が引き受け、世界最大手の保険仲介業者ロックトンの専門チーム「LEAP」が仲介している保険。費用対効果の高い保険として、堅牢なカストディ・ソリューションにおいて重要な役割を果たすことが期待される。

関連:バイナンス、機関投資家向けのカストディサービスをローンチ

ロックトンのシニアVP(バイス・プレジデント)でありLEAPのチーム責任者を務めるSarah Downey氏は、保険は「ビジネスの成功に重要な役割を果す」としたうえで、以下のようにコメントしている。

我々は、Binance Custodyの特定のニーズに合った革新的な保険ソリューションを作成する機会を得たことを光栄に思っている。ブロックチェーン・デジタル資産業界の継続的な成長を支援するロックトンのコミットメントを示すものだ。

また、Binance CustodyのCath Yu会長は、次のようにコメントを残している。

Binance Custodyは、ユーザーがデジタル資産への旅を安全に管理できるようにすることに重点を置いている。我々はLEAPと協力し、私たちが預かる資産にさらなる保護を提供できることを嬉しく思っている。ユーザーは、万が一物理的な損失や損傷が発生した場合でも、当社のカストディソリューションが保護されているため安心することができる。

関連:バイナンス、仮想通貨決済企業「Bifinity」の設立を発表

Binance Custody

Binance Custodyは、21年12月に、リトアニア共和国で立ち上げられたバイナンスのカストディ部門。機関投資家の特化した自社ブランドのカストディサービスとなっており、認定を受けた高いレベルのコールドウォレットを使い、マルチ署名で出金を行う仕組みをとっている。

「仮想通貨のカストディ分野における最先端技術・セキュリティ・プロセスと、カストディサービスを運用するための専門知識」によって、機関投資家にむけて「デジタル通貨を安全に保管するための機能を提供する」ことを目的する。

バイナンスのこういった取り組みは、各国の規制要件を満たすため動きとして見られており、カストディサービス以外にも、サイバー犯罪防止を目的とする米国非営利団体「NCFTA」へ加入するなどの動きを見せている。

関連:業界初 バイナンス、米サイバー犯罪防止団体NCFTAに加盟

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します