FOMC目前の仮想通貨市場、ウクライナ情勢巡り乱高下も

世界情勢と仮想通貨市況

ロシアのプーチン大統領は11日、ベラルーシのルカシェンコ大統領との会談で軍事侵攻するウクライナとの交渉について「一定の進展がある」と言及。金融市場が一時反発したほか、ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)も急騰する場面があった。

一方、これまでの情報錯綜からも「真意を図りかねる」として慎重な見方も少なくない。

対話の窓口が開かれているとはいえ、ロシア側が外交面で強硬姿勢を譲歩する姿勢は見られない。複数回行われたウクライナ代表団との停戦交渉は一向に進展せず、フランスやドイツなどEU諸国とプーチン大統領の電話による説得交渉も暗礁に乗り上げているとの見方が大勢を占める。先日開催されたトルコの仲介でロシアとウクライナの外相会議では、状況の好転が見られず市場が失望する場面もあった。

東京株式市場は前場を前週末比174円高で終えたが、前引け後に日経先物が急落するなど不安定な局面にある。

週明け14日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格が前日比2.5%安の448万円(38,027ドル)と続落した。

BTC/USD日足

午前7時頃に約1,000ドルほど急落した。

1月24日の直近安値32,933ドルや昨年6月の安値28,880ドルが意識される。歴史上でも極めて高い地政学リスクが懸念されるほか、15〜16日には米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利引き上げが想定される中、積極的な買いは手控えられやすい状況にある。

関連:ビットコインはリスクオフとインフレヘッジの狭間で綱引き状態か|bitbankアナリスト寄稿

買いの手掛かりは

Terra開発者TerraformLabsの創設者兼CEOであるDoKwon氏は11日、近日中にUST準備金として12億ドル相当のビットコイン(BTC)を加えることを示唆した。

テラ(LUNA)のエコシステムをサポートする非営利組織「Luna Foundation Guard(LFG)」は今年2月、LUNAトークンのプライベートセールで10億ドル調達を発表。調達した資金は、ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」の準備金に使用され、ビットコイン(BTC)として保有するとしていた。中央銀行による外貨準備金と同様の仕組みを構築する。

関連:テラの非営利組織、1,100億円を資金調達 UST準備金にビットコイン活用へ

USTは、米ドルと1:1の割合でペッグされた無担保型ステーブルコイン。

関連:初心者でもわかる「テラ(LUNA)」とは|仕組みと将来性を解説

著名アナリストのPentoshi(@Pentosh1)氏は、テラ(LUNA)のビットコイン準備金と、エルサルバドルのビットコイン債券発行が、買いの支援材料となる可能性があると指摘している。

ビットコイン債は、ブロックチェーン開発企業Blockstreamと連携して提供する、年率6.5%の10年債。

債券発行のタイミングは3月15日〜20日が有力視され、関係者によれば「最低5億ドル(600億円)の需要がある」と算定した。得た資金の半分は、エルサルバドル国内の仮想通貨推進特区「ビットコイン・シティ」の建設費用に充て、もう半分は政府が運用する暗号資産ファンドで活用される見込み。

関連: エルサルバドルの「ビットコイン債券」近日発行か 発行準備整う 

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します