英大手インターディーラーブローカー、BitGoなどと提携

仮想通貨のカストディ事業を拡大へ

世界有数のインターディーラーブローカー(IDB)のTP ICAP社は29日、暗号資産(仮想通貨)カストディ・取引事業に参入するために、大手カストディ企業BitGoとKomainuと提携することを発表した。

TP ICAPはすでに英スタンダードチャータード銀行傘下の仮想通貨カストディアンZodiaと米金融大手フィデリティと提携し、仮想通貨取引プラットフォームおローンチに向けて準備を進めている。2021年6月に、機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームをローンチする計画を発表した経緯がある。

関連米フィデリティ初、欧州でビットコインETPローンチ

今回、提携先をBitGoとKomainuに拡大、流動性を強化し、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を含む仮想通貨のOTC取引やカストディサービスを提供する予定だ。一方、仮想通貨取引プラットフォームはまだローンチしておらず、現在、英FCAの仮想通貨事業者登録の結果を待っているという。

TP ICAPは英国の大手IDBで、ヘッジファンド、投資銀行、大手金融機関間の取引を仲介している。2019年よりCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン(BTC)先物取引を提供し、今年1月から欧州の顧客向けに仮想通貨関連のETP(上場取引型金融商品)の取扱いを開始した。

関連大手インターディーラーブローカー、欧州で仮想通貨ETPの取扱いを開始

BitGoは米国の大手仮想通貨カストディアンで、管理するデジタル資産が昨年11月時点で約8兆円に達した。また、Komainuは20年6月に日本の野村ホールディングスと英資産運用企業CoinSharesと仮想通貨ハードウェアウォレットメーカーのLedgerが合弁事業として設立した会社だ。

関連野村HDら設立のカストディアン「Komainu」、仮想通貨利回りサービス提供へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します