46000ドル台で揉み合うビットコイン、Liquid by FTXのQASHが前日比25%高となった背景は

仮想通貨市況

5日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比+1.3%の571万円(46,660ドル)とやや上昇した。

BTC/USD日足

英大蔵省(財務省)は4日、王立造幣局としての初のNFT(非代替性トークン)発行計画を発表した。

新たな法律では、ブロックチェーンが企業にもたらすイノベーションを念頭に、2023年までに金融市場のインフラストラクチャー・サンドボックスの立法を視野に入れる。NFT発行計画は今夏を目処に進める。

欧州連合(EU)をブレグジットした英国が、未来志向の金融・経済政策を推し進める。国として暗号資産・ブロックチェーンに前向きな姿勢を示すことで、国内外から投資を呼び込み、最先端のテクノロジーのグローバル・ハブ(国際拠点)とする目的があるものとみられる。

関連:英大蔵省「UKを仮想通貨技術と投資の世界的ハブに」

機関投資家の動向

資産運用会社CoinSharesの週次レポートによれば、暗号資産(仮想通貨)投資信託などのデジタル資産に対する機関投資家の資金フローは、1億8000万ドルの流入超過に。流入の大部分(76%)をヨーロッパが占めた。

Coin

時価総額2位のイーサリアムは、計2300万ドルの流入に。

coin

CoinSharesは、「流出超過の続いた年始と比較すればセンチメントは改善したが、年間の純フローでみると1億1,100万ドルがマイナス」「昨年の第1四半期(1〜3月)は計7億500万ドルの流入が見られており、対照的」と指摘した。

一方、スマートコントラクトプラットフォームであるソラナ (SOL)は、AUM(運用資産残高)の36%に相当する8,700万ドルを記録した。 これは、SOLの中で過去最高の週間流入額に相当する。

アルトコイン市場の動向

国内上場銘柄では、国内取引所FTX Japan(Liquid by Quoine)の独自トークンであるQASH(Liquid Token)が、一時前日比25.6%高の10.5円台まで買われた。

国内上場銘柄の騰落率(前日比)

QASH/Liquid Token(LQT)プロジェクトのアップデート最新情報にて、Liquid chainプロジェクトの開発中止とQASHとFTTの特別交換レートを用意したことが背景にある。

特設サイトを利用しQASHをFTTに交換した利用者に対し、通常得られるFTTの数量に加えて交換数量の10%〜20%分のFTTを追加付与することから、アービトラージ(裁定取引)需要がQASH価格を押し上げた可能性がある。

FTXトークン(FTT)はFTXの独自トークンで、取引手数料の割引やさまざまな保有特典が受けられる。

QASHについては、「FTXエコシステム内で製品やサービスの統合を進めていく中で、Liquid chainプロジェクトの継続が困難だと判断し、オープンソースプロジェクトとして開発の場を移してリリースする」としている。

17年11月にICO(イニシャル・コイン・オファリング)による資金調達で最大規模の約124億円を調達したQASHは、21年6月にLiquid Chain及びスマートコントラクト監査を終了。メインネット・ローンチを控えているとされるが、その後進展が見られなかった。

21年1月の発表によれば、QASHはイーサリアム(ETH)のERC20トークンとして発行されているが、金融サービスプロバイダーの分散型ネットワークの中心での役割をより反映するため、「Liquidトークン」と名付けられた経緯がある。

その中で柏森社長は、「人々を停滞させているアルゴリズム戦争やプロトコル論争を回避するため、独自のブロックチェーンとメインネットを持っている。」と言及。「Liquidトークンのリリース後にトークンスワップを実施するよう依頼すると共に、他の新しいパートナーシップを模索する」としていた。

なお、リブランディングした「FTX Japan」は、幸先の良い立ち上がりを見せており、本家であるグローバル版FTXと同等の業界最安水準の手数料設定を導入したほか、取引板の注文がグローバル版FTXと共有されたことも板の厚み・流動性の観点などから好感された。

関連:国内仮想通貨取引所Liquid、4月より「FTX Japan」に社名変更へ

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します