仮想通貨取引所Gate.ioのVC部門、260億円の新規ファンド調達中

L1とL2プロジェクトに投資へ

暗号資産(仮想通貨)取引所Gate.ioのベンチャー部門Gate Venturesは現在、新規ファンドの立ち上げを進めているようだ。CoinDeskが報じた。

新規ファンドはGate Venturesの二つ目のファンドであり、今年の第3四半期(7月〜9月)までに260億円(2億ドル)を調達する形だ。

CoinDeskの取材に応じたGate VenturesのマネージングパートナーKevin Yang氏は、ファンドの投資先がオルタナティブレイヤー1とレイヤー2のプロジェクトになると説明したという。

オルタナティブレイヤー1とはイーサリアム(ETH)ビットコイン(BTC)以外のL1ブロックチェーンのことで、ソラナ(SOL)ポルカドット(DOT)コスモス(ATOM)などが挙げられる。一方、レイヤー2(L2)には、イーサリアムのレイヤー2ソリューションであるOptimismやArbitrum、ポリゴン(MATIC)といったネットワークがある。

関連イーサリアムL2「Optimism」、独自トークン発行へ 22年2Qにエアドロップを実施

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

Gate Venturesは2021年に第一号のファンドで130億円を調達し、さまざまな分散型インフラやエコシステム、アプリケーションにおける初期段階の投資を実施してきた。

また、最近では100億円を超えた規模のファンドが相次いで立ち上げられている。仮想通貨投資企業Dragonfly Capitalは数日前、新たな大型ファンドで840億円を調達したことを発表したばかりだ。

関連Dragonflyの840億円仮想通貨ファンド、米名門大なども参加

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します