アルゴランド、FIFAワールドカップのブロックチェーンスポンサーに

FIFAのブロックチェーンパートナー

暗号資産(仮想通貨)アルゴランド(ALGO)の開発を手がけるブロックチェーン企業アルゴランドは2日、FIFAワールドカップのスポンサーに就任した。国際サッカー連盟のデジタルアセット戦略を支援していく。

スポンサー提携と戦略的提携を通じて、アルゴランドはワールドカップ2022の北米予選と欧州予選の地域サポーター、そして女子ワールドカップ2023の公式スポンサーとなった。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

提携の詳細

アルゴランドはFIBAの公式ブロックチェーンプラットフォームとなり、ウォレットソリューションの提供やブロックチェーン戦略をサポートする。また、FIFA側はアルゴランドに宣伝やメディア出演、そしてプロモーション機会を提供していくこととなる。

アルゴランドとの提携についてFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は以下のようにコメントした。

アルゴランドとの提携を発表でき、嬉しく思う。今回の協業は持続可能な収益拡大のための革新的なチャネルを継続的に追求するというFIFAのコミットメントの明確な表れだ。

アルゴランドとの長く実りあるパートナーシップに期待したい。

また、アルゴランドの創設者で、米国コンピューター学会(ACM)が授与するチューリング賞を受賞した経歴を持つ計算機科学者のシルビオ・ミカリ氏は次のようにコメントしている。

アルゴランドは発足当初から、すべての人のための包括性、機会、透明性を促進する技術を構築することに注力してきた。

世界的に最も認知度の高いスポーツ組織と連携することで、アルゴランドブロックチェーンがサッカー体験に変化をもたらすポテンシャルを秘めていることを示すだろう。

アルゴランドは2017年に米MIT(マサチューセッツ工科大学)の教授であるミカリ氏が創設したブロックチェーン・プロジェクト。DeFi(分散型金融)と既存金融を統一した未来型金融(FutureFi)を実現すべく、相互運用性と取引処理能力に特化しており、21年10月にはコミュニティ主導の分散化が指導していた。

関連:アルゴランド、ガバナンスの分散化を開始

発表を受け、ALGOトークンは前日比20%の上昇を記録した。

出典:CoinMarketCap

22年3月には、仮想通貨取引所などを運営するクリプトドットコムもワールドカップ2022の公式スポンサーへの就任が明らかになっていたばかりだ。

関連:Crypto.com、ワールドカップ2022の公式スポンサーに

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します