米インスタグラム、NFT投稿機能を今週試運転へ

イーサとポリゴンから

米SNS大手インスタグラムは今週中にアプリ内でのNFT(非代替性トークン)対応を試験的に開始する計画が確認された。昨日、海外メディアの報道として先んじて報じられていた。

関連米メタ、インスタグラムのNFT試験導入を開始か=報道

昨日報道したように、9日から一部の米国ユーザーを限定対象として行う計画で、当初はイーサリアム(ETH)ポリゴン(MATIC)上のNFTに対応し、その後はソラナ(SOL)フロー(FLOW)のNFTも導入。

また、インスタグラムに接続可能なウォレットは、Rainbow、MetaMask、Trust Wallet、Coinbase、Dapper、Phantomだという。

インスタグラムの責任者を務めるAdam Mosseri氏はツイッターで今回の計画を正式に伝え、「今週から、米国の一部のクリエイターやコレクターとデジタルコレクタブルのテストを開始し、インスタでNFT(画像)を共有することができるようになる。インスタでのデジタルコレクタブルの投稿や共有に関連する費用は発生しない」と説明した。

また、The Blockが入手したメタ社の代表からのコメントによると、導入時期は未定だが、「近日中にFacebookでデジタルコレクティブルを展開し、さらに近日中にInstagram StoriesでデジタルコレクティブルをARステッカーとして表示・共有できるようにし、多くのクリエイターやコレクターにこの技術のメリットを提供する予定だ」という。

なお、メタ社は米時間9日、米カリフォルニア州バーリンゲームのMetaキャンパス内でメタバース関連製品を試すことのできる実店舗「Meta Store(メタストア)をオープンした。

関連メタ社、メタバース製品を体験できる実店舗をオープンへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します