Opn(旧SYNQA)、三菱UFJ銀行などから約155億円を調達

シリーズC+ラウンドで巨額調達

日本を本拠とする決裁関連企業Opn(オープン、旧ブランド名SYNQA)は10日、シリーズC+ラウンドを実施し、総額1億2000万米ドル(約155億円)の調達に成功したことを発表した。

今回のラウンドに参加しているのは、三菱UFJ銀行、Mars Growth、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社の3社で、Opnが「今回のラウンドを含め累計2億2,200万米ドル超の資金を調達し、安定した経営基盤を確立してきた」と説明。

Opnは2013年に設立されたアジア地域に特化し、オンライン決済、フィンテック用途のブロックチェーン技術、デジタルトランスフォーメーション・ソリューションを専門としている企業。傘下には、NFT発行・販売プラットフォームのOpn Mintや決済インフラOpn Paymentsなどがある。

また、決済サービスは「Omise」という名称で運営されており、中にはOMG Networkというイーサリアム基盤のレイヤー2ブロックチェーン製品が含まれたが、OMG Networkは2020年12月に香港の仮想通貨OTC業者Genesis Block関連の投資企業Genesis Block Ventures(GBV)に買収された。

関連香港の仮想通貨投資企業、イーサリアム基盤のOMGネットワークを買収

SYNQAからOpnへのリブランディングは資金調達とともに発表された形だ。同社の長谷川 潤CEOは発表で、「消費行動の中で切っても切り離せないのが購買体験です。これまでシームレスな決済サービスをグローバルに提供することで購買体験の向上を実現してきました」、「これからもよりたくさんの方々の購買体験を支え、更なる付加価値を提供するためのフィンテックソリューションの開発を進めて参ります。そして、名称のOpnの由来でもある、金融そのものへのアクセスをより“オープン”にしていけるよう、事業活動を展開していきます」と述べている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します