LFG、テラUSD(UST)の救済視野に1,000億円規模の資金調達か=報道

USTの下落続く

暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の非営利組織である「Luna Foundation Guard(LFG)」が1,300億円(10億ドル)規模の資金調達を試みていることがわかった。関係筋の話としてCoinPost提携メディアのThe Blockが報じた。

関係筋によれば、投資企業やマーケットメイカーから新たな資金力を補うことで、USTの米ドルへのペッグ回復を図っている模様。投資家には2年間のロックアップを条件に、仮想通貨テラ(LUNA)を50%の割引状態で販売するという。

なお、The Blockのリサーチ部門ディレクターであるLarry Cermak氏はJumpやCelsius、Jane Streetなどの大手ファンドが出資にコミットしていると解説。11日未明時点ではすでに900億円(7億ドル)以上の調達合意に達していると説明した。

現在も交渉は続いているものの、条件の変更などにより、コミットした企業が撤退するケースも想定されるため、今後2日間でLFGの公式発表に対する注目度が高まるだろうと分析した。

なお、執筆時点ではUST価格は0.77ドル。10日午後からは一時回復の兆しが見えたが、70セント台まで再び下落している。

出典:TradingView

一方、10日はコメントを控えていたテラの共同設立者であるDo Kwon氏は11日未明、近々USTのリカバリープランを発表すると告知した。

UST急落の背景

テラ(LUNA)の売買に応じて新規トークンをバーン(焼却)・発行することで米ドルへの連動(≒ペッグ)を維持していたステーブルコインのテラUSD(UST)は週末にかけて0.99ドルに下落。週明けの仮想通貨相場の下落も相まって、下落や投げ売りが重なり、1UST=1米ドルのペッグから乖離した状況が3日以上続けている。

関連:無担保型ステーブルコイン 「TerraUSD」が前日比-40%まで「下落」

LFGは週明けにもUSTのペッグ強化に向け、ステーブルコインへの信頼性を取り戻す施策を講じていた。9日には「今後の相場変動に応じるため」、OTCマーケットメイカーなどに1,000億円相当のビットコイン(BTC)とUSTを貸し付けていくことで、UST市場の安定化を図っていた。

関連:LFGが臨時対策打ち出す、2,000億円相当のビットコインとUST貸付けへ

なお、「ネットワークの渋滞」と出金依頼の殺到を理由に一時LUNAとUSTの出金を停止していた大手仮想通貨取引所バイナンスだが、10日19時前後から再開している。

関連:バイナンス、仮想通貨テラ(LUNA)やUSTの出金を一時停止

なお、界隈からは仮に資金調達に成功しても、失われた信頼を取り戻すのは難しいとの懐疑的な意見も少なくない。

ステーブルコインとは

ボラティリティの高い従来の仮想通貨とは違い、一定の価格帯を保つことを目的とした暗号資産の一種。米ドルなどの担保資産の裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、分散型ステーブルコインのDAI、アルゴリズムを利用した無担保型のステーブルコインUST、USDDといった複数種類が存在する。

▶️仮想通貨用語集

関連:初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します