CoinPostで今最も読まれています

Blockchain社が、新たに機関投資家向け仮想通貨投資サービスの展開を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨投資サービス開始を発表
仮想通貨ウォレットサービス、Blockchain社が、6月28日、ブロックチェーン主要戦略 (Blockchain Principal Strategy =BPS)との名称で、機関投資家向けに、総合的な仮想通貨投資サービスの開始を発表しました。
投資対象としての仮想通貨
機関投資家へ仮想通貨への投資を勧める論文も発表されており、ビットコインは他の資産クラスとはまったく異なる資産クラスとして、ポートフォリオに組み込む価値が十分あると、分析されています。世界で1京4410兆円にも上ると言われている機関投資額。その一部でも仮想通貨投資へ流入すれば、仮想通貨業界の発展に大きく貢献することは間違いありません。
機関投資家とは
機関投資家とは、顧客から拠出した大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口投資家のことをいいます。「投資信託会社」、「投資顧問会社」、「生命保険会社」、「損害保険会社」などがこれに当たります。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨投資サービス開始を発表

ロンドンに本社を置き、ニューヨークとサンフランシスコにオフィスを構える仮想通貨ウォレットサービス、Blockchain社は、2011年創業のスタートアップ企業ですが、140カ国に2500万を超えるユーザーを抱え、その取引累計は2000億ドル(約22.1兆円)を誇っています。

さらに2017年には、GV (旧Google Ventures) やVirgin、そしてRichard Branson氏などから、シリーズB段階投資で4000万ドル(約44億円)の資金調達を成し遂げています。

そのBlockchain社が、6月28日、ブロックチェーン主要戦略 (Blockchain Principal Strategy =BPS)との名称で、機関投資家向けに、総合的な仮想通貨投資サービスの開始を発表しました。

BPSサービスを通して、投資家は、店頭取引が可能になりますが、この店頭取引部門は、取引の実行と、取引に関連するリスク管理を行う「仲介役と直接の取引機関」としての機能を果たします。

また、同社の顧客には、個別のポートフォリオビューと、市場のファンダメンタルズ、リスク指標などの市場分析に加え、トップ仮想通貨研究者率いるチームによる独自のリサーチへのアクセスも提供されます。

さらに、広範囲のデジタル資産関連の有望企業に直接株式投資を行う機会や、Blockchain社のグローバルネットワークを通して選ばれ、審査された、早期段階でのトークン公開へのアクセスなど、同社が運用する投資案件を検討することができます。

2017年に事業を大きく拡大してきたBlockchain社は、機関投資家向けサービスを次の事業戦略の要と定めているようで、4月には、ゴールドマンサックスで企業資産サービス部門トップを務めていた、Breanne Madigan氏を、機関投資家向けセールス戦略部門を統括するために、登用しています。

Madigan氏が、ゴールドマンサックスで統括していた部門は、2017年に1兆4900億ドル(約164兆円)の資産規模の管理をしていたと言われています。

また、先月には、リサーチ部門に仮想通貨とブロックチェーン技術分野研究をリードするGarrick Hileman氏を迎えて、機関投資家向けの差別化したサービスを充実させていく姿勢が読み取れます。

Madigan氏は、Blockchain社へ移籍した動機は、金融システムの近代化を推進することで、機関投資家向けサービスである「BPSは、そのビジョンを実現するための、同社の長期戦略の第一歩」であると述べています。

投資対象としての仮想通貨

出典:shutterstock

保険コンサルティング大手のWillis Towers Watson社のリサーチによると、保険ファンド、投資信託、基金、財団、政府系ファンド、年金ファンドなどの機関投資額は、実に、世界で131兆ドル(1京4410兆円)に上ると言われています。

このように巨額の機関投資による資金が、一部でも仮想通貨投資へ流入することは、仮想通貨業界の発展に大きく貢献することは間違いありません。

しかし、今回のBlockchain社の新サービス展開のように、多くの機関投資家向けのサービスが発表され、その動きが注目されるものの、未だ資金の大きな流入は見られないようです。

学術的な面からも、機関投資家へ、仮想通貨投資を勧める論文も出されています。

2017年末に発表された研究論文、「機関投資家のためのビットコイン投資:バブルへの投資か、本質的に健全か」(原題”The Case for Bitcoin for Institutional Investors: Bubble Investing or Fundamentally Sound?”、Jim Liew, Ph.D. Levar Hewlett, MSF共著) によると、ビットコインは、他の資産クラスとはまったく異なる資産クラスとして、ポートフォリオに組み込む価値が十分あると、分析されています。

価格が非常に不安定であるとして、一般的に機関投資家からは、一定の距離をおかれているビットコインですが、この論文によると、2010年 8月から 2017年 10月の期間で割り出されたリスクとリターンの対比を示す、シャープレシオは、1.176となり、他の伝統的資産クラスよりも高く、投資対象としては大変魅力的であるという、分析結果が発表されています。

また、ポートフォリオの割合で最も効果的なのは、1.3%であるとも述べられており、結論として、機関投資家のビットコインへの投資を強く進めるものになっています。

低迷が続いている昨今の仮想通貨価格ですが、仮想通貨投資会社、BlockTower Capital社の投資部門責任者、Ari Paul氏が述べるように、ある著名な機関投資家が少額でも投資した、という既成事実が作られることこそ、多くの富裕層の資産管理を行うファミリーオフィスをはじめとする、機関投資家が、仮想通貨投資を始める「口実」になり、資金の流入を促すきっかけになるのかもしれません。

CoinPostの関連記事

英法定通貨取引所LMAXが機関投資家専用の仮想通貨取引所を開設・東京進出も予定
英国金融行動監視機構(FCA)の規制下にあり、法定通貨建ての取引を行ってきた実績があるLMAX Exchangeが、仮想通貨取引所を開設することを発表しました。業界のゲームチェンジャーとして大きな話題に。
ゴールドマンサックスのビットコイン先物は機関投資家を呼び込めるのか
BitMEXなどがデリバティブ取引で収益を伸ばしている中で、ゴールドマンサックスはビットコインの先物取引を開始することを決定しました。これにより、仮想通貨への信頼が高まることが期待されます。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/26 月曜日
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧