Bancor 3がローンチ、流動性ソリューションに大手DAOが参画

Bancor 3のローンチ

DeFi(分散型金融)流動性ソリューションを提供するBancor(バンコール)は11日、新製品「Bancor 3」をローンチした。Bancor 3は30以上のプロジェクトの財務管理に採用されており、ポリゴン(MATIC)やYearn(YFI)などのローンチパートナーと共同で「デュアル報酬」を提供する。

Bancorの基本機能は分散型取引所(DEX)だが、大口ホルダーやDAO(分散型金融)向けには保有資産を預けて取引手数料の収益を得る「流動性提供」の側面が大きい。

関連:初心者でもわかるUniswap完全ガイド|Kyber network寄稿

Bancor 3の特徴は「インパーマネント・ロス(IL:永続的な損失)」を100%回避できる形で、シングルサイド・ステーキングが可能なこと。従来のDEXでは2つのトークンをペアで流動性提供(ステーキング)するため、片方のトークンが高騰(急落)した際に保有割合の変動により損失が発生することがネックとなっていた。

Bancor 3では、全体の流動性をプールする仮想金庫「Omnipool」でネイティブトークンBNTがハブとなり、手数料を動的に配分するよう機能することでシングルサイドステーキングを実現する。ユーザーはトークンを預けて「シングルサイドプールトークン」を受け取り、他のDeFiプロダクトで担保資産にするなどの「マネーレゴ」に活用できる。

さらに、自動複利機能と組み合わさり、より多くのトークン・プロジェクトとそのホルダーはDeFiでの持続可能な金利獲得機会を享受できる。Bancorの研究責任者Mark Richardson氏は、以下のように述べている。

Bancor 3は健全なトークン経済を推進する、堅牢で弾力性のあるオンチェーン流動性市場を実現する。

リリースによると、Bancor3は30以上のプロジェクトの財務管理に採用されており、ローンチ時点の主要パートナーとして、分散型イールドアグリゲーターYearn(YFI)、スケーリングソリューションPolygon(MATIC)、分散型デリバティブSynthetix(SNX)、分散型ブラウザBrave(BAT)、分散型ゲームプラットフォームEnjin(ENJ)、分散型保険のNexus Mutual(wNXM)などが加わっている。

Bancor 3では、BancorのネイティブトークンBNTだけでなく外部トークンプロジェクトのインセンティブも設置できるようになっている。まもなく、Polygon(MATIC)、BRAVE(BAT)、Synthetix(SNX)などの「デュアル報酬」が開始されるという。

関連:ポリゴン、新プロダクト「Polygon Avail」のテストネットを22年2Qにローンチへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します