ポリゴン、新プロダクト「Polygon Avail」のテストネットを22年2Qにローンチへ

イーサリアムのスケーラビリティ向上へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションを提供する「ポリゴン(MATIC)」は6日、開発中のプロダクト「Polygon Avail(以下、Avail)」のテストネットを、2022年2Q(4月から6月)にローンチする計画だと発表した。

Availは今回新たに発表されたスケーリングソリューションではなく、21年6月にも公式ブログで紹介されている。Availもイーサリアムブロックチェーンのスケーラビリティ(拡張性)を高め、ユーザーやアプリ開発者、ブロックチェーン開発者の体験を向上させるプロダクトだ。

公式ウェブサイトによると、ポリゴンは現在、計画中のものも含めて8種類のソリューションを開発している。最もよく知られているのが「Polygon POS」と呼ばれるサイドチェーンだ。

サイドチェーンとは

メインチェーンの課題点である処理遅延などを解決するために考案された、補助的な役割を持つブロックチェーンのこと。

▶️仮想通貨用語集

ブロックチェーン領域でスケーラビリティとは「ネットワークの規模が拡大しても機能する能力」を指す。一般的には、トランザクションの処理能力や処理速度、処理にかかるコストなどの概念を含蓄しており、ネットワークが拡大してユーザーやトランザクションが増加しても適切に機能できるブロックチェーンは、「スケーラビリティが高い」と言われる。

Availはどんな規模のブロックチェーンやアプリでも適切に機能できるようにするためのソリューション。ポリゴンはこれからAvailを正式にローンチできるようにして、イーサリアムのスケーラビリティをさらに向上させようとしている。

Availとは

Availの主な役割は、「トランザクションを記録すること」と「そのデータが利用可能なことを証明すること」の2つ。ポリゴンのAnurag Arjun共同創設者は、CoinPostの提携メディア『The Block』に対し、「トランザクションの認証は行わない」と説明したという。Availは「データ可用性(Data Availability)」に特化したブロックチェーンである。

1つの部品のようにAvailを利用することで、開発者はその上に別のレイヤーを構築することが可能。Availを活用することで、コンセンサスレイヤーのスケーラビリティが大幅に向上するとした。

出典:ポリゴン

Arjun氏は「Availのデータ可用性の技術は多くのユースケースで利用が可能。しかし、我々が関心を持っている重要なユースケースの1つはロールアップだ」と述べた。ロールアップについては、以下の記事で詳しく解説している。

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します