吉本興業、メタバース関連プロジェクト「FANY X」始動 地方自治体と連携して地域振興へ

地方自治体と提携

吉本興業株式会社は13日、自社所属のタレントを3Dアバター化する、メタバース・アバター事業「FANY X」を発表した。

同プロジェクトは、所属タレントなどをアバターにすることで、メタバース(仮想現実)でのイベント出演や広告商材としての肖像利用などを、オンライン上で「タレントIP」「芸人コンテンツ」として利用可能にすることを目的としている。

関連:LINEのNFTマーケットプレイス、4月13日から提供へ 吉本興業など17コンテンツと提携

発表によると、アバターの管理にはNFT(非代替性トークン)を使用することが検討されているという。

また、今回の発表では、メタバース領域の活用を推進することを目的とした提携を、兵庫県・養父市と締結したことも明かされた。神戸新聞によれば、地域事業おこしの第1弾として、同市をテーマにした「バーチャル養父市」が6月末から事業として開始する。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

吉本のWeb3.0動向

吉本興業は22年から暗号資産(仮想通貨)領域への参入を本格的に開始している。

4月には、LINEのNFTマーケットプレイス「LINE NFT」と提携したことが判明。また5月には、一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)に加入したことが発表された。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します