LINEのNFTマーケットプレイス、4月13日から提供へ 吉本興業など17コンテンツと提携

吉本興業などと提携

メッセージアプリを提供するLINEは23日、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「LINE NFT」を4月13日にローンチすることを発表した。

同マーケットプレイスは、吉本興業ホールディングスなど17コンテンツと提携。100種類以上のNFTの販売を行う。

関連:ソフトバンク傘下のLINE、NFT電子市場のグローバル展開を計画

LINEは、2018年に「LINE Blockchain Lab」を設立し、ブロックチェーンの研究・開発に取り組んできた。開発者が「LINE Blockchain」上でNFTなどを発行しサービスを構築できる環境や、NFTにも使用できるデジタルウォレット「LINE BITMAX Wallet」などを提供している。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

友人とNFTの交換可能

「LINE NFT」で購入したNFTは、「LINE BITMAX Wallet」に保管可能。LINEに登録した友人とNFTを交換することも可能だ。

将来的には、購入特典やキャンペーン景品としてNFTを付与する機会を設けることや、LINEプロフィールへのNFT設定、LINEスタンプでのNFTの活用なども計画されている。

同マーケットプレイスのローンチ後は、吉本興業ホールディングスの限定NFT動画「よしもとNFT劇場」や、LINEスタンプとして人気を誇るヨッシースタンプのNFTが販売される予定だ。現在判明している展開コンテンツと参画企業などは以下の通り。

  • エンターテイメント:「ジェイアール東日本企画」「テレビ朝日」「吉本興業」
  • スポーツ:「B.LEAGUE」「Jリーグ トレーディングサッカー」「内村航平」
  • ゲーム:「スクウェア・エニックス」
  • アニメ:「機動警察パトレイバー」
  • アーティスト:「Nissy」
  • キャラクター:「うさぎゅーん!/ Minto Inc.」「ぎゅうにゅう」「GIFMAGAZINE」「ベタックマ/ Minto Inc.」「やしろあずき」「ヨッシースタンプ」
  • イベント:「ずっと真夜中でいいのに。」「ドワンゴ」

海外向けNFTプラットフォームも展開

LINEは、ソフトバンク子会社であるZホールディングスの傘下企業。同社は海外向けのNFT展開も行っており、今月16日には、グローバルNFTプラットフォーム「DOSI」ゲームやエンターテイメントなど様々な分野から26社の企業とパートナー提携を発表したばかり。

「DOSI」は、2022年上半期中に、世界180か国で利用可能になる予定。企業やクリエイターは、「DOSI」上で、ブランドの店舗やグローバルコミュニティを構築することが可能だ。

NFT専用ウォレットを通じて、一般ユーザーはクレジットカードや、ビットコイン(BTC)など数種類の暗号資産(仮想通貨)を利用した決済も行える。

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

関連:ブロックチェーンゲームで遊ぶメリットと自律分散型の将来性|廃猫

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します