韓国大手取引所、ライトコインを上場廃止へ

プライバシー機能が原因

韓国の大手仮想通貨取引所UpbitとBithumb、及びCoinoneやKorbit などは8日、ライトコイン(LTC)の上場廃止を発表した。

上場廃止の理由は、ライトコインのプライバシー機能「MimbleWimble」が実装されたことにある。

韓国では取引所がFATFの「トラベル・ルール」及びAML規制に準拠するために、2019年からモネロ(XMR)やダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)などのプライバシー銘柄を取り扱うことをやめている。ライトコインも同じ理由で上場が廃止されることになる。

ライトコインは5月20日にプライバシー機能「MinbleWinble Extention Block(ミンブルウィンブル拡張ブロック)」を実装。取引の透明性が高いパブリック・ブロックチェーンに対して「オプトイン」方式でプライバシーをもたらす機能であり、取引金額を公開しない「機密取引」や、複数の取引データを混ぜ合わせるミキシング技術「CoinJoin」といった技術によって実現されたものだ。

関連ライトコイン、大型アップグレード「MimbleWinble」を正式リリース

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します