シンガポールのデジタル証券取引所ADDX、仮想通貨の保有額も適格投資家の認定基準に

ビットコインなどを対象に

シンガポールのデジタル証券取引所「ADDX」は8日、同国の金融機関としては初めて、適格投資家の承認条件に、暗号資産(仮想通貨)保有額を含めることを発表した。

「ADDX」は、シンガポール証券取引所などが出資するICHXが運営を行うデジタル証券プラットフォームだ。2020年のライセンス取得後、17以上の多様なアセットがプラットフォームに上場している。

適格投資家とは、金融規制法の下で特別なステータスを持つ投資家。シンガポールでは、特定の金融資産を取り扱うためにこの資格が必要となる。

同取引所が承認するのは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ステーブルコインUSDCの3種類。より多くの人に認定投資家の門戸を開くために、今回の決定を行ったという。

関連:シンガポール中銀、DeFiやデジタル資産の実現可能性を検証 JPモルガンらが協力へ

適格投資家とは

専門的な知識や経験を有するプロの投資家で、法律が認めた投資の専門家を指す。証券会社や投資信託委託業者、銀行、保険会社などが該当し、投資のプロであることから、法規制の適用が一部除外されている。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨を含めて200万SGD以上が条件

ADDXは、仮想通貨を所得や金融資産とは異なる、第3のカテゴリーの個人純資産として扱う可能性があるとしている。各銘柄には「割引率」が適用された上で、資産として計上される仕組み。

ビットコインとイーサリアムの割引率は50%、USDCは10%となっている。割引後の仮想通貨を含めて、200万シンガポールドル以上の資産を所有していることを証明することが、適格投資家として承認されるための条件となる。

資格を得た場合、プライベートエクイティやベンチャーキャピタルファンドといった領域へのアクセスが許可される形だ。

ADDXは、承認する仮想通貨を制限した理由について、リスク相殺のため時価総額の高い銘柄のみを承認する形にしたと説明。なお、割引率は、定期的に見直しを行う予定としている。

関連:シンガポール金融当局「現在NFTを規制する計画はない」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します