CoinPostで今最も読まれています

BlockFi、アイオワ州で1.2億円の罰金支払いへ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

州でも罰金

暗号資産(仮想通貨)融資大手のBlockFiは14日、米アイオワ州で約1.3億円(94万ドル)の罰金を科せられた。

アイオワ州政府の保険課はBlockFiが同州で無登録のブローカ・ディーラーとして運営していたとして罰金を支払うよう命じている。

BlockFiは2021年に、有利子口座をめぐって米複数州の規制当局から証券法違反の疑いで指摘・調査を受けた経緯があり、アイオワ州もそのうちの一例だ。

また、同社は今年の2月にも提供していた「仮想通貨の有利子口座」が証券法に違反しているとして米SEC(証券取引委員会)から115億円の罰金を科せられたことがある。

BlockFiとは

2017年に設立された仮想通貨レンディングプラットフォーム。売買取引の他、仮想通貨を預けることで利子を受け取れる口座や、仮想通貨を担保とした現金貸し出しサービスを提供している。一部の国で、購入額に対してビットコインで報酬還元されるVisaカードも導入した。

▶️仮想通貨用語集

関連BlockFi、仮想通貨利率を大幅引き下げ

懸念されるCeFiプラットフォーム

今週は仮想通貨レンディング大手Celsius Network(セルシウスネットワーク)が顧客資金の出金を突如停止したことを受けて、CeFi(中央集権型金融)流動性危機への懸念は再び高まっている状況だ。

CeFiは銀行(TradFi)と異なり、顧客に高い金利を提供している。しかし、その高い金利は顧客の預けた資産をDeFiを含む様々なイールドファーミング(金利獲得)で運用し得ているものであることから、多くのリスクに晒されている。

関連仮想通貨融資大手セルシウスの出金停止、競合他社の反応は?

米SECのゲンスラー委員長はWSJのネットワークサミットのイベントに登壇し、再び仮想通貨融資企業や取引所が無登録の有価証券を取り扱っている可能性があると指摘。

また、Celsiusの出金停止騒動を背景に、「取引はできないが、明らかに自分の資産だ。取引所や融資企業では同じような投資家保護をもたらし、その保護があることを確保できたはずだが、今はそれがないわけだ」、とより強力な規制の必要性を訴えた。

関連米SECゲンスラー委員長「仮想通貨取引所の監督はCFTCらと分担すべき」=報道

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 水曜日
06:50
CZ氏、バイナンスUSの取締役会会長を退任
仮想通貨取引所バイナンスの米国部門バイナンスUSは、CZ氏が同社の取締役会の会長を退任すると発表。退任はCZ氏が決断したという。
06:10
米SEC、2つのビットコインETF上場申請でパブコメを募集
米SECは新たに、Franklin TempletonとHashdexの仮想通貨現物ビットコインのETF上場申請について、パブリックコメントを募集すると発表した。承認が近いとの意見も。
05:45
バイナンス、イーサリアムフォーク銘柄のパーペチュアル取引を提供
海外版仮想通貨取引所バイナンスは28日、新たに銘柄のパーペチュアル(無期限先物)取引を開始した。
11/28 火曜日
18:47
JPYCが三菱UFJ信託とProgmat、ステーブルコイン拡張と国内外SC交換業へ連携検討
三菱UFJ信託銀行、Progmat社、JPYC社がProgmat Coin基盤を活用した新しいステーブルコイン「JPYC(信託型)」の発行に関する共同検討を開始。JPYC社は、国内外のステーブルコイン交換業者としての新たな事業展開を目指す。新たな「JPYC(信託型)」は横展開可能なモデルであり、電子決済手段として機能する予定。
16:00
「法定通貨が不可能なことをBTCで実現」Fountain創設者が語る
第9回のGM Radio:Beyond The Priceは10日に公開。ゲストはWeb3ポッドキャストアプリFountain開発企業の共同創設者Nick Malster氏である。
14:45
イーサリアム共同創設者ブテリン「ステーキングメカニズムには大規模な刷新が必要」
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、トルコで開催されたDevconnectで、ステーキングを再設計し、パフォーマンスに影響を与える問題を解決する計画だと述べた。
13:28
オーディナル導入ゲームFarcana、アニモカから投資を獲得
UAEに拠点を置くゲームスタートアップ、FarcanaがAnimoca Brandsからの投資を受け、ビットコイン賞金プール付き戦略シューティングゲームの開発を加速。Web3ゲームの先駆者として、ビットコインオーディナルを導入予定。
12:05
ビットコイン37000ドル台維持、弱含みのアルトコイン相場は大規模アンロック警戒も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが高値圏を維持する一方、弱含みのアルトコイン相場は6億ドルを超える規模のトークンアンロックへの警戒感も燻る。
11:25
コインベースCEO、英首相が開催するグローバルサミットに参加
米大手仮想通貨取引所コインベースは、アームストロングCEOが英国のスナク首相が開催するグローバルサミットに参加すると発表した。
11:25
Find Satoshi Lab、次回作「Gas Hero」のクローズドベータテスト開始
フィットネスBCGのSTEPN開発Find Satoshi Lab(FSL)の新作ゲーム「Gas Hero(ガスヒーロー)」がクローズドベータテストを開始した。NFTのGas Heroバッジ保持者など条件を満たしたユーザーのみ参加できる。正式ローンチは23年12月にPolygon(ポリゴン)基盤で予定される。
10:20
香港で仮想通貨詐欺相次ぐ 規制当局はライセンス猶予期間据え置き
香港証券先物委員会の最高経営責任者は、相次ぐ詐欺事件に関わらず、仮想通貨仲介企業に対するライセンス猶予期間は短縮しないと述べた。
09:54
金持ち父さん著者「手遅れになる前に金・銀・ビットコイン投資を」
『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者ロバート・キヨサキ氏は、手遅れになる前に金、銀、暗号資産(仮想通貨)ビットコインに投資するよう呼びかけた。同氏は以前からこの3資産への投資を推奨している。
08:30
米ブラックフライデーのオンライン支出額が過去最高、今週は個人消費データに注目 
今週市場参加者が注目するのは、木曜日よる発表予定の10月個人消費支出(PCEデフレーター)で、米国での年末商戦業績にも影響するデータとなる。先週ブラックフライデーにおける米消費者のオンライン支出額は過去最高の98億ドルを記録し、前年比7.5%増となった。
08:00
コインベース、ADA・DOGEなどの先物も提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは、ADA・LINK・DOGE・PERP・XLMのパーペチュアル先物取引を提供する予定。機関投資家の需要が高まる模様だ。
07:45
バイナンス新CEO、ビジョンを発表
仮想通貨取引所バイナンスのリチャード・テン新CEOは同社のブログでビジョンを発表。規制対応とユーザーを重視する姿勢を示し、また、ユーザーの資産は安全であることを強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア