バンダイナムコ、日本デジタル空間経済連盟に加盟

IPメタバース構築に活用

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(以下バンナム)は16日、一般社団法人「日本デジタル空間経済連盟」に加盟したことを発表した。

「日本デジタル空間経済連盟」は、業界横断の総合経済団体として、デジタル空間における経済活動を活性化し、日本経済の健全な発展と豊かな国民生活の実現に寄与することを目的として今年4月に設立された組織。

設立はSBIホールディングス株式会社が行い、一般会員として、SBINFT株式会社、Zホールディングス株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社電通グループなどが参画している。

関連:SBIホールディングス、「日本デジタル空間経済連盟」設立

バンナムは今回の参加理由を「加盟を通じて、さまざまな関係団体のみなさまとつながり、意見交換を行うことで、「IPメタバース」の構築に活かしてまいります」と説明している。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

IPメタバースとは、バンナムが中期計画に据えている構想のひとつ。メタバース内で、IPを軸にした複数のエンターテイメントを提供するコンテンツが計画されており、物理的な商品とデジタルが融合する仕組みの実装を想定しているという。

この構想は今年2月に発表され、4月から25年3月までの期間に推進される予定となっている。なお2月には、150億円を投資する計画も発表された。

中期計画にメタバースを据える

バンナムは、2月の中期計画の発表以降、Web3(分散型ウェブ)領域への注力を強めている。

3月には、株式会社バンダイナムコ研究所が、ゲームに特化したブロックチェーン「Oasys」に初期バリデータ(承認者)として参加することが発表され、4月にはWeb3やメタバース系企業に出資するファンド、「Bandai Namco Entertainment 021 Fund」が設立された。

また6月には、Web3のファンプラットフォームを提供する「Gaudiy」に出資したことを明かした。

関連:バンダイナムコ、Web3のファンプラットフォームを提供する「Gaudiy」に出資

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します