CoinPostで今最も読まれています

11周年迎えた世界最古の仮想通貨取引所BTCC、ビットコインの歴史を振り返る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

最高研究責任者ダン氏が語る

英国に拠点を置く、暗号資産(仮想通貨)取引所BTCCの最高研究責任者(CRO)を務めるダン氏にインタビューを実施。

最初期に設立された仮想通貨取引所の1つとして業界の発展を目の当たりにし、強気相場と弱気相場を生き抜いてきたBTCCに、今後の仮想通貨業界で最近話題のトピックについて回答を頂いた。

仮想通貨取引市場の黎明期について

1. ビットコイン黎明期の2011年6月頃に取引所を立ち上げた経緯は

2008年にビットコインのホワイトペーパーが発表され、2009年には最初のビットコインのマイニング(採掘)が成功しました。当時は開発者やプログラマーしかマイニングできず、一般的なユーザーにとってビットコインは取得が困難なものでした。そのため、2010年までビットコイン価格は「ゼロ」のまま、誰もビットコインを取引できない状況でした。しかし、2011年頃から状況は徐々に変わり始めました。人々がビットコインを知り、欲しがるようになったことで、ビットコインに価格が付き始めました。

出典:U.S. Finance Reference

2011年4月から同6月にかけて、ビットコインは1ドルから当時の最高値30ドル(当時約2,400円)近くまで上昇しました。その需要を想像できるでしょう。人々はビットコインが手っ取り早くリッチになるチャンスだと考え、初めてビットコインを購入しようと躍起になりました。BTCCはそうした市場のニーズに対応するべく設立しました。

2. キプロス金融危機後の2013年、ビットコインは最初の強気相場を経験した

Googleで「ビットコイン 2013」と検索すると、その年の価格レンジが13ドル~1,300ドル(当時1,300円~13万円)であることが見て取れます。価格が示すように、仮想通貨市場にとって凄まじい一年でした。

ビットコイン価格が初めて1,000ドルを突破したことは、認知拡大につながる点で良いニュースであったことは間違いありません。BTCCの利用者も拡大し、2013年10月には1日の取引量が50,000 BTCを突破。自然災害からの復興のために中国四川省に15 BTCを寄贈するなど、BTCCは重要なマイルストーンを達成しました。

出典:Trading View

しかし、強気相場は長くは続きません。2013年末までにビットコインの価格は急速に下落し、業界は冬の時代を迎えました。象徴的だったのは、当時最大のビットコイン取引所であったMt.Gox(マウントゴックス)のハッキング事件です。ご存じの方も多いのではないでしょうか。

2014年2月にMt.Goxが閉鎖して以来、人々は取引所の安全面についてますます懐疑的になりました。その点、BTCCは11年間一度もセキュリティ侵害による被害を出さずに仮想通貨取引所を運営できていることを、私はとても誇りに思っています。

Mt.Goxとは

2010年から2014年にかけて運営された東京を拠点とするビットコイン取引所。かつて、ビットコイン取引量の70%以上を占めていたが、ハッキング被害をきっかけに2014年に閉鎖。その後の調査で、延べビットコイン85万BTCが不正流出していたことが判明。

▶️仮想通貨用語集

将来を見据え、変化を厭わない

3. 11年間の仮想通貨取引所の運営で、最も印象に残っている年は

2018年は、仮想通貨市場が下降トレンドにある中、BTCCが先物取引に焦点を向けたという点で最も印象深い年となっています。

2017年の強気相場ではプロのトレーダーも一般投資家も仮想通貨トレーディング市場に参入し、保有者数も増加しました。弱気相場で彼らの資産は価値を失い、また現物取引では取引機会を見つけることができません。デリバティブの需要が高まり、一般のトレーダーは仮想通貨をヘッジしたり、ショートして利益を得るために使いやすいプラットフォームが求められました。

あらゆる意味で公正で信頼できるデリバティブ取引プラットフォームを提供してはどうか。仮想通貨市場が変化を迎え、BTCCもこれに適応する必要がある。こうして、最も長い歴史を持つ仮想通貨取引所は、また一つ冬の時代を生き抜きました。

満足の行く結果に結びついており、現在ではデータプロバイダーCoinGeckoのデリバティブ取引所リストでBTCCは第6位にランクインしています。

4. BTCCは日本市場向けにどのような準備をしているか

日本語への対応だけでなく、LINEアカウントを開設してユーザーと交流しています。

BTCCはユーザーの声を大切にしており、より多くのユーザーからのフィードバックを集めたいと思っています。即時対応が肝心です。営業時間内であれば、いつでもカスタマーサービスにアクセスできます。

ボットとチャットしたり、最新ニュースやイベントの通知を把握することもできます。我々が運営するLINE窓口は、お問い合わせやトレーディング結果など、仮想通貨に関することなら何でも気軽に相談できる友達のような存在でありたいと思っています。

5. 今後10年の仮想通貨トレーディング市場にどのような展望があるか

分散型ブロックチェーン技術やWeb3(分散型ウェブ)が発展していく中でも、トレーダーは流動性やセキュリティ面を考慮して、依然として中央集権型取引所を求め続けると思います。

最も大きな変化は取引プラットフォームの形に現れるのではないでしょうか。人々はPCや携帯電話だけでなく、他の、例えばVRプラットフォームのような最新デバイスや、あるいはデバイスさえ必要としない新たな方法でトレードするようになるでしょう。BTCCのミッションは、あらゆる意味で公正で信頼できる取引プラットフォームを提供することです。そうしたトレンドに合わせて、様々なデバイスでサービスを提供していきます。

当社は常に業界のリーダー的企業として走り続けており、BTCCで初めてビットコインを買ったという人も少なくありません。2018年に他の取引所を2年先駆けてデリバティブ市場に注力できたように、私たちは将来の需要を見据えています。今後も仮想通貨トレーディングの信頼性を高め、誰でもアクセス可能なものにするために努めていきます。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
パンテラ、ソラナを「ブロックチェーン領域のmacOS」と評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア