FTX、12銘柄の先物取引を廃止へ

12銘柄の先物を廃止へ

グローバル暗号資産(仮想通貨)取引所大手FTXは19日、12銘柄のパーペチュアル(無期限先物)の取扱廃止を実施する予定を発表した。

対象となるのは、以下の12銘柄だ。

  • BAO
  • CONV
  • CUSDT
  • HUM
  • KIN
  • MCB
  • MER
  • MTA
  • ORBS
  • ROOK
  • SRN
  • TULIP

関連FTX社長が語る、仮想通貨の冬を乗り越えるカギとは

取扱の廃止については、日本時間19日23時に「クローズオンリー」のモードに切り替え、21日23時に「上場廃止」になり、取引不可能になる予定だ。

また、CUSDTのレバレッジトークンも取引廃止の対象になる。

一方、日本の「FTX JP」は22日に、2銘柄の新規上場(現物及びパーペチュアル)を発表する予定をしている。

関連国内取引所FTX JP、23日に銘柄の新規上場を予定

関連日本進出した最大手仮想通貨取引所「FTX」とは |主な特徴とサービスを徹底解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します