加マイニング企業Bitfarms、1週間でビットコインを3,000BTC売却

ビットコインを売却

ナスダックに上場する暗号資産(仮想通貨)マイニング企業Bitfarmsは21日、過去1週間でビットコイン(BTC)を合計3,000BTC(85億円相当)売却したことを発表した。

先週には1,500BTCを売却したと発表していたが、今回3,000BTCに修正。資金の流動性の確保とバランスシートの強化が売却の目的だとし、これまでの「HODL」戦略を調整するとした。同社のJeff Lucas最高財務責任者(CFO)は今回の売却について、「長期的にはビットコイン価格には強気だが、世界クラスのマイニング事業の継続と発展という最優先事項に特化した結果だ」と説明している。

HODLとは

仮想通貨の長期保有の意味で使われる用語。保有を表す「Hold」のタイプミスから広まったスラングである。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

Bitfarmsは2017年創設のカナダのマイニング企業。ナスダックだけでなく、トロント証券取引所(TSX)にも株式を上場している。今年1月には、1,000BTCを買い増しし、ビットコインの保有量が合計4,300BTC(現レートで120億円相当)を突破したことが分かっていた。

関連加マイニング企業Bitfarms、49億円相当のビットコインを買い増し

1BTCの価格は今年1月1日の約64万円(4万7,000ドル)台から、本記事執筆時点で約285万円(2万ドル)台まで57%超も下落。Lucas氏は市場の極端な価格変動を考慮し、資金の流動性を確保したり、債務を圧縮してバランスシートを強化したりする決断をしたと説明した。具体的には、金融サービスの提供や資産運用を行うGalaxy Digitalからの、ビットコインを担保にした貸付を最終的に約136億円(1億ドル)から約51億円(3,800万ドル)まで減らしている。

なお、ビットコインをどのように売却したかまでは明らかにされていない。

NYDIGからは資金を調達

一方でBitfarmsは、ビットコインに特化した事業を行うNYDIGから、マイニング機器を担保に約50億円(3,700万ドル)の資金を調達したことも発表。Lucas氏は、「マクロ経済の要因で仮想通貨市場が低迷する中、資金の流動性と柔軟性を強化した」と説明している。

21日の発表では、2022年6月20日時点でBitfarmsは、約57億円(4,200万ドル)の現金と3,349BTC(95億円相当)を所有しているとし、融資に対し健全な財政状況を維持していると主張。Galaxy Digitalの融資は担保率が133%を下回ると追加で担保が必要になるという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します