CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ウォレットのプライバシーを巡る規制と課題とは|Gammla Law寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

プライバシー保護と規制の必要性

暗号資産(仮想通貨)やウォレットを使用した金融取引に関して、個人はどの程度のプライバシーを認められるべきなのでしょうか。マネーロンダリングやテロ攻撃のための資金調達などの犯罪が摘発される可能性があると政府が判断した場合、その守秘義務は変更されるべきでしょうか。

米国財務省の一部門である金融犯罪取締ネットワーク(Financial Crimes Enforcement Network, 又は FinCEN)が 「両替可能な仮想通貨またはデジタル資産に関連する特定の取引の要件」(Requirements for Certain Transactions Involving Convertible Virtual Currency or Digital Assets)を検討しており、政府規制当局、暗号愛好家、防衛推進者、市民権活動家がこの問題について議論することが期待されています。

既存の通貨取引報告(CTR)と同様に、この規制は、銀行、マネーサービスビジネス(MSB)、仮想資産サービスプロバイダー(VASP)に記録の保持、情報の確認、FinCENへの報告書の提出を求めるものです。この規則は、非ホスト型ウォレットまたは「他の方法でカバーされているウォレット」が関与する1万ドルを超えるすべての両替可能な仮想通貨(CVC)または法定通貨デジタル資産(LTDA)取引に適用され、顧客のCVCおよびLTDAとその取引相手を記録する必要があるとしています。

さらに、銀行とMSBは、取引が3,000ドルを超え、ウォレットが非ホスト型または他の方法でカバーされているウォレットである場合、顧客の取引相手を特定する必要があります。

この規制案のもとでは、銀行とMSBは、より正確な情報を収集し、それを報告することが求められます。この新規制案は現在のところ、不正なビジネスの資金調達やマネーロンダリングを大幅に防ぐことにより、政府の捜査当局に利益をもたらす可能性があります。

この報告規則案は、最終規則の公表から30日後に発効される予定です。一方、取引先情報の報告義務は、採用されても60日間は発効しません。記録保持の要件も最終規則の公表から60日後に発効されることになります。

これまでの険しい道のり

スティーブ・ムニューシン前財務長官が提唱し、トランプ大統領在任中のレームダック期間に「国家安全保障上の重大な懸念」に対処するために導入されたこのルールは、反対派からは、業界の適切な検証を行わずに規制を強行しようとするものと見られていました。

ルール改正を巡っては、以下のような紆余曲折がありました。

  • ムニューシン前財務長官が率いるFinCENは、前例のない15日間の協議を経て、ウォレットルールの規則提案通知(NPRM)を発表するも、即座に反発が起こる。初回15日間のコンサルテーションは、2021年1月2日に終了
  • 炎上したため、FinCENは2021年1月14日に仮想通貨ウォレット規則の公衆意見聴取期間を45日間延長
  • 2021年1月21日、バイデン大統領は、審査中の財務省のすべての規則制定を60日間凍結
  • FinCENの規制凍結は2021年3月22日に終了

バイデン政権による規則の復活は、仮想通貨が犯罪者やアメリカの国家安全保障を脅かすかもしれない人物に使用される可能性があることにも着目しています。早ければ22年9月にも決定が下されるかもしれませんが、当初の規則に対し発生した公衆意見の数が数千にも達したことから、政府はプロセスを維持するために公衆意見聴取を再開する可能性があります。

プライバシーに関する懸念

この規則案は、仮想通貨を用いた金融取引の実施や、ブロックチェーン上での契約管理という目的の多くを台無しにするものであることは言うまでもありません。この規則案が発令されると、多くの投資家やテクノロジー企業をデジタル資産に惹きつけてきた基本中枢である仮想通貨のプライバシーが失われるなど、高いコストを伴うことになります。

私たちは、何千もの個人を特定できる情報が拡散されるのを目撃しようとしています。取引所がブロックチェーンのアドレス、物理的な住所、名前を政府に提供することを義務付けられた場合、連邦政府は個人のデジタル活動を追跡する可能性があります。これに対し、物理的な現金は追跡不可能です。あなたが銀行から外に出たとき、あなたのその行為を報告できたとしても、あなたを追跡することはできません。

逆に、この規則は、悪質な行為者を追跡するというFinCENの使命を阻害する可能性もあります。新しい報告義務によって悪質業者が米国の取引所から離れたとしても、彼らはFinCENの管轄外のオフショアプラットフォームに移動する可能性が高いのです。

DeFiプラットフォームへの影響

この規則は、取引所、ブローカー、その他の管理者間で実施されなければならず、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えることはほぼ間違いないでしょう。個人情報のないウォレットに資金が送られないようにするため、取引所は個々のウォレットアドレスを承認する必要があるかもしれません。ユーザーの保有資産はウォレットに固有であるため、その後の取引はウォレットに反映されます。

FinCENの提案が、DeFiプラットフォーム、取引所、ブローカー、その他の管理人によってどのように実際に実行されるかは不明です。スマートコントラクトには名前や物理的な住所の記載がないため、米国の金融システムとやり取りすることはできないかもしれません。米国金融システム上で企業が仮想通貨を使って多額の支払いを行うには、取引相手の名前と住所を知っておく必要があるからです。ブロックチェーン業界は、法的なグレーゾーンに投げ込まれる可能性があります。

規則が曖昧なため、DeFiで使用された資金が「ホスト型」ウォレットで受け入れられるかどうかは不明確です。もしこの規則案が成立すれば、現在のDeFiは米国で使えなくなります。正しいアプローチが取られなければ、米国はイノベーションと開発において、世界の国々と比べて著しく不利になる可能性があるのです。

この規則への反応

反対派は、この規則が公布された直後に承認プロセスを中断させ、ワシントンDCに拠点を置くデジタル商工会議所のペリアンヌ・ボーリング会長の「プライバシーにおける大きな踏み込み」という評価に多くの人が賛同しました。

皆さんご存知のように、仮想通貨やブロックチェーンの分野では、ウォレットアドレスがあれば、その規制機関に該当する1つの取引履歴だけでなく、その人の全ての取引履歴を過去から未来にわたって把握できるのです」とボーリング氏は述べています。「これこそ行き過ぎた行為であり、私が主張するところの監視国家を生み出す可能性があり、絶対に適切ではありません。

コインベースなどのグループや企業は、すでにFinCENの提案に対応したコメントの起草を始めています。Coin Centerは、プロセスを効率化するために、一般消費者向けのモジュールまで立ち上げています。

適用法令の遵守について

以前の公衆意見聴取期間以来、FinCENはこの規制の大きさを理解したのかもしれません。新政権下で財務省は、延長された公衆意見聴取期間に寄せられた意見に基づいて、この規則案の完成度を高めていくかもしれません。

一般市民は、この貴重な機会を利用して、意見を提供するべきでしょう。その際にはこの問題に精通した弁護士の意見を参考にすることで、あらゆる市場参加者の視点が新規則の策定に反映されることが保証されます。

寄稿者:David Hoppe(デイビット・ホッピ)David Hoppe(デイビット・ホッピ)
Gamma Law(ガンマ法律事務所)代表。デジタル・メディア、ビデオゲームとバーチャル・リアリティーを専門分野とし、最先端のメディア、テクノロジー関係の企業を、25年近くクライアントとしてきました。彼は、洗練さと国際的な視点を兼ね備え、スタートアップ業界、新興企業、またグローバル化使用とする企業の現実を、実践経験から理解する国際的な取引交渉弁護士です。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧