イーサリアム、「Gray Glacier」実装完了

難易度爆弾を延期

「グレイ・グレーシャー(Gray Glacier)」アップグレードは30日、仮想通貨イーサリアム(ETH)メインネットにおけるブロック高#15,050,00にて実装完了した。

NethermindやGethといったイーサリアムのノードプロバイダーがアップデートを行い、Gray Glacierハードフォークを実施した。今回のアップグレードにより、難易度爆弾(ディフィカルティボム)の発動が100日相当(70万ブロック)順延となった。

難易度爆弾は、ETHのバリデータ(マイナー)をスムーズに新たなチェーンに移行させるための措置。ブロックの生成難易度を指数関数的に増加させ、バリデータが新しい取引をマイニングすることを不可能にし、イーサリアム上のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を強制的に終了させるため、「The Merge(ザ・マージ)」後に起動する必要がある。

関連イーサリアム、「Gray Glacier」アップグレード解説

関連待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します