CoinPostで今最も読まれています

NFT電子市場「OpenSea」、顧客メールアドレス漏洩

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

フィッシング詐欺の注意喚起

大手NFTマーケットプレイスのOpenSeaは30日、メール配信代行サービス事業者の過失により、顧客のメールアドレスが流出したことを告知した。

リリースによると、メール配信ベンダーであるCustomer.ioの従業員がデータへのアクセス権を利用してOpenSeaのユーザーやニュースレター購読者のメールアドレスをダウンロードし、不特定の第三者と共有したという。

この影響でメールアドレスが漏洩した可能性があり、フィッシング攻撃の対象となる可能性があるとユーザーに警告している。OpenSeaは、この件に関する調査を開始し、法執行機関にデータ侵害を報告したと述べている。

注意点は以下の通り。

  • OpenSeaのドメインは「http://opensea.io」であり、ドメイン名を少し変更した「なりすまし」メールに関与しないこと。
  • OpenSeaのメールからダウンロードしないこと。本物のメールには、添付ファイルやダウンロードを要求するものは一切ない。
  • OpenSeaのメールに記載されたURLを確認する。悪意のあるアクターが文字を入れ替えてURLを偽装することがあるため、「opensea.io」と正しいスペルであることを確認する。
  • メールから直接要求されたウォレットトランザクションには絶対に署名しないこと。OpenSeaのメールには、ウォレットトランザクションに署名するよう直接促すリンクは絶対に含まれない。
  • パスワードやウォレットのリカバリーフレーズを共有したり、コントラクト上で「Confirm」したりしないこと。

フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺とは、偽サイトに誘導するなどして利用者を騙し、認証情報や個人情報を詐取するサイバー犯罪のこと。電子メールにより不正サイトへ誘導し、利用者自身にサイトログインに必要なアカウントやパスワードなどの認証情報を入力させて詐取するもの。

▶️仮想通貨用語集

高額なNFTを保有するユーザーをターゲットとするフィッシング詐欺の事例は増えている。4月にNFT(非代替性トークン)コレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の公式ディスコード(discord)サーバーで、エイプリルフールに伴うキャンペーンを装った不正リンクが一時表示された。「Mutant Ape Yacht Club(MAYC)」やDoodleといった他のNFTでも同様の盗難被害が確認されている。

関連:高額NFT「BAYC」のディスコードでフィッシング詐欺発生 ユーザーに注意喚起

OpenSeaとは

OpenSeaはNFT(非代替性トークン)の世界的なオンラインマーケットプレイス。データサイトDune AnalyticsによるとOpenSeaの累積トレーダー数は180万人を超え、月間取引高は22年1月のピーク時に6,500億円(48億ドル)を超えていた(イーサリアム・ブロックチェーン単体の統計)。

22年1月に同社は大手VCであるParadigmとCoatueが主導するシリーズC資金調達ラウンドで、1.5兆円(133億ドル)の評価額で約350億円(3億ドル)を調達した。Y Combinatorによると、OpenSeaには約110人の従業員がいる。

なお、仮想通貨市場の下落の影響を受けてOpenSeaの6月の出来高は900億円(7億ドル)にまで落ち込んている。22年6月には、OpenSeaの元幹部社員がNFTのインサイダー取引で起訴されていた。

関連:NFT電子市場「OpenSea」の元製品責任者、インサイダー取引で起訴

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。
12:33
ビットコイン・カンファレンス、トランプ前大統領のため24億円を調達予定
仮想通貨カンファレンス「ビットコイン2024」は、トランプ前大統領のため約24億円の資金を集めるイベントを開催する見込みだ。
12:18
ビットコイン急反発で1000万円の大台回復、米大統領選のトランプ優勢など好感される
暗号資産(仮想通貨)相場は円建てで1000万円台を回復したビットコインが牽引し、現物ETF承認を控えるイーサリアムなど全面高に。討論会や銃撃事件などを経て、米大統領選におけるトランプ優勢が市場に好感されている。
10:20
トランプ氏、仮想通貨な肯定的な議員を米副大統領候補に選出
ドナルド・トランプ氏は、仮想通貨な肯定的なJ・D・バンス上院議員を米副大統領候補に選出。バンス氏は過去にSECの対応を批判したことがある。
10:09
イーサリアム現物ETF、23日に取引開始か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFの取引が、23日から米国で開始される可能性が浮上した。現在、ETF発行企業は申請書類の最終版を提出するよう要請されているという。
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧