Huobi元幹部設立のVC、デジタル資産に注力する投資ビークル「OP FOF I」をローンチ

すでに5,000万ドルを調達済

暗号資産(仮想通貨)にフォーカスしたベンチャーキャピタル、OP Cryptoは30日、デジタル資産投資を主な目的とした、投資ビークル「OP FOF I」を新たに発表した。

同VCは、暗号資産(仮想通貨)取引所Huobiの元幹部、David Gan氏が代表を務める。

「OP FOF I」は、ラテンアメリカ、アフリカ、インド、東南アジアなどの地域にフォーカスし、アーリーステージのデジタル資産に焦点を当てたものとなっており、同分野に携わるファンドマネージャーに対して投資を行う。

CoinPost提携メディアのThe Blockによると、すでに約67億円(5000万ドル)を調達しており、現在は約135億円(1億ドル)のハードキャップ(資金調達の上限額)を目標としているという。

関連:米VC大手「a16z」、DAOの米法的基盤確立について提案

NFTやメタバースなどに幅広く注力

「OP FOF I」への出資には、LedgerPrimeやFJ Labsなどが加わっている。

具体的には、DeFi(分散型金融)、NFT、メタバース(仮想現実)、ゲーム、その他のユニークなウェブ3分野の専門知識を持つマネージャーを支援し、ラテンアメリカ、アフリカ、インド、東南アジアなどの地域に注力するビークルとなる予定だ。

「OP FOF I」のゼネラルパートナーであるLucas He氏と「OP FOF I」の社長兼アドバイザーでもあるDavid Gan氏は、ビークルについてThe Blockにメールで、以下のようにコメントしている。

私たちは多様なポートフォリオをベースに相場の大きな下振れ(下落トレンド)にも適応した、より安全性の高い(金融)ビークルを提供する。

(「OP FOF I」は)仮想通貨に不慣れな投資家にとっても、時間をかけずにエクスポージャー(リスク資産割合)を得るための理想的なビークルであり、LP(Limited Partnership:ファンド出資を通じたベンチャー企業投資)は、ビークル内のマネージャーを通した投資機会によって高い収益性が期待できるものだと自負している。

OP Cryptoは、21年9月に設立発表されたファンド。Web3におけるコンテンツ制作者・及びユーザーへの権力移転(自律分散型)を目指すプロジェクトへの投資を行うことでCeFi、DeFi、メタバースの間のギャップを埋めることを目標としている。

Huobi Ventures、Galaxy DigitalのVision Hill FoF Platform、Digital Currency Groupなどが支援しており、Huobiやバイナンスなど、複数の取引所出身の人材が同VCに参加している。

関連:SBIの新VCTRADE 、取引所サービスのプレオープン提供開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します