「食べて稼ぐ」で暗号資産を貯める──グルメSNSシンクロライフ

シンクロライフが仮想通貨還元を開始

レビュー投稿により、飲食店での支払いの一部(1〜20%)が還元されるトークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)など暗号資産(仮想通貨)の還元を開始した。

このサービスは、シンクロライフを運営する株式会社GINKANと「CoinTrade」(コイントレード)の提携により実現。CoinTradeは暗号資産交換業者マーキュリーが運営する仮想通貨取引所。

ユーザーは全国1,700店舗以上のシンクロライフ加盟店での飲食代の支払いで仮想通貨を貯めることができる。貯めた仮想通貨はコイントレードで売買できるため、仮想通貨ウォレットの操作経験のないユーザーも秘密鍵を無くして資産を失うことを心配せずに利用できるという。

シンクロライフはグルメSNSへのレビュー投稿のスコアに応じて、飲食代金の一部を独自のシンクロポイントで還元できるサービス。2018年のローンチ以来、レビュー投稿数は累計35万件、4言語(日・英・韓・中)対応、155カ国で展開している。シンクロポイントの利用可能先は、コンビニやコーヒーストアなど27ブランド・57万ヶ所に上る。

仮想通貨の追加に当たって、還元されるリワードの切替機能がシンクロウォレットに追加された。ユーザーはシンクロライフアプリ内のウォレットで、リワードの種別をビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に設定できるようになっている。飲食店の会計時に提示されるQRコードをスキャンすれば自動的に仮想通貨が貯まっていく。

出典:株式会社GINKAN

関連:STEPN×アシックスコラボの反響と新たな可能性

食べて仮想通貨を稼ぐ

シンクロライフはグルメSNSに「Eat to earn(食べて稼ぐ)」を組み合わせたトークンエコノミー型グルメSNSとして強調されている。

「X to Earn(○○して稼ぐ)」はユーザーが様々な行動を通してプロダクトに価値を提供し、トークン報酬を獲得するサービスモデル。これまで「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」のAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)や、「Move to Earn(動いて稼ぐ)」のSTEPNなど、人気NFT(非代替性トークン)ゲームが誕生してきた。

今後、シンクロウォレットでは、MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットとの連携機能の実装も予定しているという。MetaMaskでは仮想通貨を直接送受信したり、DeFi(分散型金融)やゲームなどのdApps(分散型アプリ)に接続できるため、食べて稼いだ仮想通貨を様々な場所で利用できるようになるだろう。株式会社GINKANはリリースで以下のように述べている。

今後ユーザーが飲食店で貯めた暗号資産でNFT、メタバース、Web3サービスを楽しめる体験を創出し、その架け橋となるウォレットサービスを目指していきます。

関連:国内取引所DMM Bitcoin、ジパングコイン(ZPG)の取り扱い開始へ

関連暗号資産を歩いて稼ぐ、フィットネス系NFTゲーム「STEPN」とは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します