ロビンフッド、仮想通貨Uniswap(UNI)の取り扱い開始

取り扱い銘柄が拡大

米国の人気投資アプリRobinhood(ロビンフッド)は14日、暗号資産(仮想通貨)Uniswap(UNI)の取り扱い開始を発表した。

ユニスワップはイーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で構築されたDEX(分散型取引所)。取扱銘柄や出来高で上位を誇る大手DeFi(分散型金融)プラットフォームに発展している。

これにより、ロビンフッドの対応する仮想通貨銘柄は以下の13種類となった。

ロビンフッドは6月下旬にもチェーンリンクの取り扱い開始を表明したばかり。また、年内にはNFT(非代替性トークン)などにも対応した仮想通貨ウォレットを導入する方向だ。

関連:米ロビンフッド、Web3ウォレット提供へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します