ニューヨーク州電力会社がマイニング事業者に向け安価な電力を提供か

ニューヨーク州とマイニング
12日、ニューヨーク州規制当局は北部のとある電力会社が手がける仮想通貨のマイニング事業者に向けた新たな電力料金体系の提供を許可しました。数ヶ月前、規制当局はマイニング事業者へ高い電力料金体系を請求するよう命じており、同州の方針は一転したことになります。
これまでのニューヨーク州の施策
ニューヨーク州は潤沢な水力資源を元とした安価な電力提供が見込まれる地域であり、マイニング事業者が集中していました。同州が高い電力使用料を強いたのは、電力の需給バランスを保つためであると考えられます。

ニューヨーク州とマイニング

ニューヨーク州が仮想通貨マイニング業者に向け安価な電力を提供する方針を打ち出しました。

Bloomgergの報道によると、ニューヨーク州北部のとある電力会社が手がける、仮想通貨のマイニング事業者に向けた新たな電力料金体系の提供を州の規制当局が12日に許可したとのことです。

ニューヨーク州Massenaを拠点とする同電力会社は、各々のマイニング事業者と個別に電力料金契約の見直しを図り、従来よりも安く料金を提供する予定です。

ニューヨーク州公共事業員会(New York State Department of Public Service)の委員長を務めるJohn Rhodes氏は12日、以下のような声明を発表しています。

我々は、企業の顧客に適正な電力消費料金を請求する必要があります。しかし、ニューヨーク州の北部には潤沢な低コスト電力があることを考慮すると、そこには顧客のニーズに応じ、この地域における経済発展を手助けするチャンスがあると考えています。

数ヶ月前、ニューヨーク州規制当局は36ある電力事業者に対し、マイニング事業者へ他の電力利用者よりも高い電力料金体系を請求するよう命じていただけに、同州の方針は一転したことになります。

これまでのニューヨーク州の施策

ニューヨーク州は水力資源に恵まれ、安価な電力提供が見込まれる地域でもあるため、これまでに多くのマイニング事業者が同州での事業拡大を行っていました。

ニューヨーク州北部のMassenaでは、住民は1kWhあたり3.9セント(約4.4円)で電力を支払っています。

電力料金はアメリカ全体で平均約13セント/kWh、日本の一般家庭では平均約20円/kWhであることから、ニューヨーク州の電力料金水準が低いことが確認できます。

しかし、同州が数ヶ月前にマイニング事業者へ高い電力使用料を強いたのは、電力の需給バランスを保つためであると考えられます。

安価な電力を求めて多くのマイニング事業者がある特定の地域に集中することで、従来の電力需給バランスが崩れ、場合によっては電力会社が一般利用者を含めた電力料金の値上げを実施することもあります。

電力会社にとって、大口のマイニング事業者の参入により電力利用率が増加することは魅力的であるものの、従来その地域で経済活動を行ってきた事業団体や一般住民は不利益を被ることとなるでしょう。

現在、マイニングが盛んに行われているカナダのケベック州やアイスランド、中国といった地域でも電力料金の値上げが問題となっており、ニューヨーク州と同様にマイニング事業者に対して高い電力料金を請求する地域も少なくありません。

CoinPostの関連記事

ニューヨーク市がブロックチェーンイノベーションの中心地を目指す
ニューヨーク市がブロックチェーンに関するイニシアティブを発表しました。起業家たちにとって事業を発足させやすい環境を整えること、教育を通じて人々のブロックチェーンに対する理解を深めることを目的としています。
ニューヨーク州の町:仮想通貨マイニング新規事業立ち上げ18ヶ月間禁止
ニューヨーク州プラッツバーグ市は、新たな仮想通貨マイニング事業立ち上げを18か月禁止することを決定しました。多くの雇用を生み出す訳ではないマイニング事業により、市に割り当てられた電力量を占有されることが問題視されたようです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加