米議員「XRPについて取引所を追及すべき」──公聴会

「XRPについて取引所を追及すべき」

米国のブラッド・シャーマン下院議員は、19日の議会公聴会で、米証券取引委員会(SEC)がXRPを扱った暗号資産(仮想通貨)取引所に対して、より多くの法的措置を取るべきだと発言した。

この発言は、SECの執行部門の監視をテーマとした公聴会で行われたもの。仮想通貨市場におけるSECの役割を中心として質疑応答が行われた。

SEC(証券取引委員会)とは

株や債券などの証券の取引を監督する米国の政府機関のこと。1934年設立。公正な取引の確保と投資家保護を目的としており、インサイダー取引や企業の不正会計、相場操縦などを防止する。仮想通貨が有価証券に該当するかという判断も行う。SECは「Securities and Exchange Commission」の略で、日本では「証券取引等監視委員会」が近い役割を担っている。。

▶️仮想通貨用語集

議員の主張

シャーマン議員(民主党)は、「SECの執行部門は、仮想通貨やその他のデジタル資産という新たな課題に直面している」と述べた。

その上で、XRPの有価証券問題をめぐって、SECがリップル社に対して裁判を起こしたことに賛同の意を示している。一方で、XRPを扱っていた取引所を追及しなかったことに批判的な姿勢を示した。

同議員は、次のように話している。

SECの執行部門は、XRPが証券であると判断し、XRPを追及しているが、このトークンを取り扱っていた取引所を追及していない。そこでは、(XRPによる)何万もの違法な証券取引が行われていたのである。

「関係者全員がXRPは証券だと認識していながら、違法な証券取引を行っていた」と主張する格好だ。シャーマン氏は仮想通貨に極めて批判的であることで知られており、過去には一律禁止を呼びかけたこともある。

「事実と相違している」との反論

シャーマン氏の発言について、リップル社のスチュアート・アルデロティ首席弁護士は次のように反論している。

ファクトチェックが必要だ。シャーマン議員、米国は(実際にはどの国も)XRPが証券であると判断したことはない。SECが提訴を起こしたというだけでは何も決まらない。このことを、選挙で選ばれた議員が理解していないのは、懸念されるべきことだ。

アルデロティ氏は「裁判所だけが決定をくだすことができる」と指摘。また、SECが事実上「法的執行による規制」を行っていることは、市場やアメリカのイノベーションに害を与えているとも続けた。

XRPの有価証券問題は、今も裁判で争われているところだ。

関連米SECが提訴したリップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ

アルデロティ氏は、フォーチュンに発表した論考で、SECで以前に企業金融ディレクターを務めていたウィリアム・ヒンマン氏が2018年に行ったスピーチについて言及している。

このスピーチで、ヒンマン氏はビットコイン(BTC)は「分散型であることから証券ではない」、またイーサリアム(ETH)についても「十分に分散型になっている」との趣旨で発言していた。

アルデロティ氏は、このことにより、スピーチはヒンマン氏の個人的な意見として発表されたものではあったが、XRP(オープンで分散型ブロックチェーン台帳上に存在している)にとっても、それがコモディティであり仮想通貨であると考えさせることにつながったとしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します