GMOコイン、ライブ配信アプリPalmuのIEO検討へ 株式会社Lightと覚書を締結

IEO第二弾の実施検討へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するGMOコイン株式会社は25日、株式会社Lightと次世代型ライブ配信プラットフォームの構築を念頭にしたIEO実施の検討に関する覚書の締結を発表した。

2023年夏ごろを目安に、ライブ配信アプリPalmuの独自トークンPLMのIEO実施に関する検討を開始した。

株式会社Lightは次世代ライブ配信プラットフォーム「Palmu(パルム)」を提供するため2020年に設立された企業。サービスは今月からダウンロードを開始しており、将来的なトークン発行も同社が担う予定だ。

Palmuでは、独自のPLMトークン発行の他にも、Palmuポイントなどを導入することで、経済的インセンティブを付与しながら、コミュニティの意思が反映されやすい仕組みを持つプラットフォームの提供を目指す。

今回の提携で、GMOはLight社とのIEO実施に向けた暫定的なスケジュールを以下の通り公開した。

  • 2022年7月:ライブ配信アプリPalmuをリリース
  • 22年11月:Palmuポイントの運用開始
  • 23年夏季:PLMトークンのIEO実施

IEOとは

「Initial Exchange Offering」の略称。トークン販売を通じて、プロジェクトの資金調達を仮想通貨取引所が支援する仕組みを指す。

▶️仮想通貨用語集

関連:仮想通貨の新たな資金調達法、IEOとは|ICOとの違いやメリットを解説

GMOのIEO事例

なお、GMOは22年5月にもIEO第一弾を実施したばかり。日本プロサッカーのJ2リーグに所属するFC琉球の独自トークンFCRコイン(FCR)のIEOを行っていた。

関連:国内取引所GMOコイン、仮想通貨FCRコイン(FCR)の板取引を開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します