リップル社、シンガポールの決済機関FOMO Payと提携 国際間取引でのトレジャリーフロー改善へ

国際取引でのトレジャリーフロー改善が目的

米リップル社は25日、シンガポールの大手決済機関FOMO Payとの提携を発表。同社の法人向け暗号資産(仮想通貨)技術を使用して、FOMO Payの国際間取引におけるトレジャリーフローの改善を実施することを明かした。

具体的には、暗号資産(仮想通貨)XRPのオンデマンド・リクイディティ(ODL)を使用することで、XRPを2種類の法定通貨のブリッジとして使用し、低コストかつ即時の決済を可能とする。

リップル社は、ODLはこれまで主に決済サービス企業や中小企業が、事業成長や規模拡大に有効な資金を管理するために活用してきたと説明。今回のケースでは、利用者は事前に資金を調達しておく必要はないという。

関連:リップル社、NFTプラットフォームCross Towerと提携

FOMO Payは、ODLをトレジャリー決済に導入することで、いつでもユーロと米ドルの流動性にアクセス可能となり、ビジネスコストの削減や業務改善が可能となる。

リップル社との提携について、FOMO PayのLouis Liu創業者兼最高経営責任者(CEO)は、以下のようにコメントした。

FOMO Payは、シンガポールの大手決済機関として、顧客の皆様に対して、より効率的かつ費用対効果の高い決済手段を様々な通貨で提供することを目指している。リップル社と提携し、オンデマンド・リクイディティを財務管理に活用することにより、ユーロや米ドルでの安価で迅速な決済をグローバルに実現できることを喜ばしく思っている。

シンガポール内でキャッシュレス化を推進

今回リップル社が提携したFOMO Payは、2015年に設立されたシンガポールの企業で、同国のキャッシュレス社会の促進に貢献。東南アジアを中心に、アフリカ、中東でワンストップのデジタル決済ソリューションを提供している。創業以来10,000社以上が利用しており、パートナーにはMastercardやNETSPayなども含まれる。

シンガポール金融管理局(MAS)から越境送金サービスなどを実施するためのライセンスも取得しており、シンガポールのキャッシュレス化推進に向け、すべての電子財布を統一する国家規格「SGQR」の導入にも貢献している。

関連:リップル社、技術開発の主要拠点としてカナダに新オフィス開設へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します