米クラーケン、対イランの制裁違反で米財務省が調査か=報道

仮想通貨取引サービス提供か

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンは、イランに対する制裁ルールに違反したとして、米財務省の調査を受けていることが分かった。5名の情報筋の話として「ニューヨーク・タイムズ」が26日に報じた。

情報筋の話によると、イランのユーザーがクラーケンの取引サービスを利用できるようになっていたかを調査している模様。2019年から米国財務省の外国資産管理局(OFAC)がクラーケンを調査しており、これから罰金が課される可能性があるという。

OFACとは

「Office of Foreign Assets Control」の略で、米財務省の所属機関のこと。米国の対外・安全保障政策に基づいて、経済制裁の実施を司っている。

▶️仮想通貨用語集

財務省の調査について、クラーケンの最高法務責任者は海外メディアに対し、「規制機関との特定の事案についてはコメントしない」と一様に回答。そして「我々は制裁法に関するコンプライアンスを厳重に監督しており、問題が起きる可能性がある時点で規制機関に報告を行なっている」とだけ述べている。また、財務省の担当者も同様のコメントをしており、現在は事実は明確になっていない。

大量破壊兵器の開発などを背景にイランへの制裁は現在も行われており、米国ではイランの国民や企業にサービスを提供することも禁止されている。

関連暗号資産取引所クラーケンとは|世界最高峰のセキュリティで資産を守る

バイナンスに関する報道

ロシアのウクライナ侵攻によって、制裁に対する各国の監視は一段と厳しくなってきた。仮想通貨については、制裁の抜け道にならないように、日本も法の整備を進めている。

関連日本政府、ロシア制裁対象者の仮想通貨送金を制限へ 外為法改正案の枠組み固める

イランを巡っては「ロイター」が、バイナンスが同国のユーザーに対し、取引サービスの提供を継続していたことが明らかになったと11日に報道。2018年11月にバイナンスは「イランのユーザーに対するサービスを終了する」と発表したにも関わらず、ロイターの独自調査で、21年9月までバイナンスのアカウントが利用できていたことなどを複数のユーザーが明かしたという。一方、バイナンスは米国企業ではないため米制裁ルールの違反には該当しないとの指摘も見られた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します