Ape Foundation、BAYCのニュースメディアに資金提供へ 

The Bored Ape Gazetteに資金提供へ

NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」関連の財団Ape Foundationは28日、コミュニティ投票で「The Bored Ape Gazette」のために独自トークンAPEを提供することが承認されたと発表した。

ApeCoin Foundationは今後、自律分散型組織(DAO)のガバナンスプロトコルに沿って、この提案の実施に取り組んでいく予定だ。The Bored Ape Gazetteは、BAYCエコシステム全体についてのニュースメディアである。

BAYCは3月に、独自トークンであるApeCoin(APE)を発行し、BAYCと関連NFTの保有者に配布した。62%はゲーム開発やグッズ制作などコミュニティ活動を支援するDAO「ApeCoinDAO」に分配されている。

Web3大手アニモカブランズもAPECoin開発に関わっており、このトークンにより、ブロックチェーンゲームでNFTを購入できると明かしている。

関連BAYC、「ApeCoin」を配布へ コインベースやFTXに上場予定

Bored Ape Yacht Clubとは

PFP(プロフィール画像)向けにデザインされた1万点のサルの画像。NFTブルーチップ(優良株)として代表的なコレクション。マドンナ、ジャスティン・ビーバー、エミネム、パリスヒルトンなどのセレブリティも所有。BAYCのフロアプライスは22年4月29日、OpenSeaで過去最高値152 ETH(約6,000万円)に達した。

▶️仮想通貨用語集

資金の用途

今回承認された提案「AIP70」の提案者はThe Bored Ape Gazetteだった。提案によると、The Bored Ape Gazetteはまず初年度予算として約2,000万円(15万ドル)を見込んでいる。リニューアルを行い、主に次のようなリソースを提供できるようにしたいという。

  • BAYC、MAYCなどのNFTセールスをリアルタイムで知らせるティッカー
  • ApeCoinの価格チャート
  • その週にDAOで投票されるAIPを示すトラッカー
  • コミュニティイベントやDAO投票日などを表示するカレンダー
  • メンバーがBAYC関連のアートなどを販売することができるセクション

さらに、月々7,000ドルの予算で、Apeエコシステムについての報道を強化し、隔週でニュースレターを発行するとも続けた。

また、DAOのメンバーも記事執筆が可能であり、DAOはこうしたライターに1記事あたり100ドルを支払うのが妥当ではないかとしている。

Bored Ape Gazetteの創設者・編集長のカイル氏は、承認を受けて28日に最初のレターを発行した。提案は88%の支持率で承認されたという。

毎月第1・第3火曜日には、Yuga Labsのエコシステムの現状に関するニュースレターを、毎月第2・第4火曜日には、ApeCoin DAOの現状に関するニュースレターを発行する計画だと述べている。

自律分散型組織(DAO)とは

自律的に機能する分散型組織を指す。「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します