欧州FTX、ドバイで仮想通貨ライセンス取得

FZEがライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のFTXの欧州部門「FZE」は29日、アラブ首長国連邦・ドバイ仮想通貨規制当局(VARA)から仮想通貨ライセンスを取得したことを発表した。

FZEが取得したのは、「Minimum Viable Product(MVP)」プログラムというもので、「必要最低限の機能を備えた仮想通貨プロダクト」を提供可能になる。よって、FZEはこれからドバイで取引所や清算機関といったサービスを提供できるようになった。

本家FTXも今年の3月にVARAから仮想通貨ライセンスを取得した経緯がある。当時FTXはドバイ支部を設立する計画も明かした。

関連FTXとバイナンス、アラブ首長国連邦のドバイで仮想通貨ライセンス取得

現在ドバイで同様のライセンスを取得している仮想通貨関連業者にはFTXの他、バイナンスやBybit、Crypto.com、Komainuなども含まれる。

関連ドバイのメタバース戦略「5年後には5,000億円以上の市場規模まで成長」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します