グッチ、APEコイン決済に対応

BitPay経由

高級ファッションブランドのGucci(グッチ)は3日、実店舗における仮想通貨支払いの対応銘柄にAPEコインを追加したことを発表した。

グッチは5月に米国の一部の店舗に、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を始めとする10以上の暗号資産(仮想通貨)支払いを導入した経緯がある。決済プロセッサーは大手のBitPayだ。

関連グッチ、仮想通貨決済を米国の一部店舗で導入へ

APEコインはYuga Labsが3月に公開した銘柄で、BAYCのメタバースプロジェクト「Otherside」では、仮想土地「Otherdeeds」のランドセールがAPEコインのみで決済された。

関連初心者でもわかる「エイプコイン(APE)」とは|特徴や将来性を解説

グッチは、Web3領域へ積極的な参入を見せる高級ファッションブランド。今回APEコインの対応開始に際し、グッチはSNSで「Web3に向けた新たな一歩を踏み出した」とした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します