Trouble Punk: Cyber Galz、β版ローンチへ

Trouble Punk: Cyber Galzとは

「Trouble Punk: Cyber Galz」は、複数人のプレイヤーと一緒に遊べるNFT(非代替性トークン)アクションゲームです。様々なブロックチェーンが「ユニバース」となっている世界を舞台に、プレイヤーは世界を守るため悪のマッドサイエンティストと戦います。

この世界では、イーサリアム(ETH)やImmutable X(IMX)、ソラナ(SOL)などのブロックチェーンが、実際に世界を形作っているという設定。本来、それぞれの世界はお互いの存在を認知していなかったのですが、敵キャラクター「BC」がその仕組みを知ったことで状況は一変。

すべての世界を無秩序に混在させるワームホールを発明し、その結果、すべてのシステムが機能不全に陥る「統合チェーン」が出来上がってしまいます。この状況を打開するため、プレイヤーは「BC」と戦い、他の世界からやってきたNFTを破壊しなければなりません。

ゲーム自体は、マルチプレイヤーゲーム用のプラットフォーム「Yooldo」上で構築されています。このプラットフォームは、メタバース(仮想現実)として相互運用性を重視しており、ウォレット内のNFTを複数のプラットフォーム間で行き来させることが可能です。

「スキルベース」かつカジュアルなゲーム性

「Trouble Punk: Cyber Galz」は、見下ろし視点のゲームで、カートゥーン(海外アニメ調)のグラフィックを採用しています。

所有するNFTを自キャラとして使用可能で、マップ上に散らばるコインを時間内に集めていくというのが基本的な流れとなります。

多くの遊んで稼ぐ(Play-to-Earn)ゲームではプレイヤーの保有するNFTやトークンの量がゲームプレイに大きく影響しますが、本作はそれらの作品とは異なり「スキルベース」であることを重視しています。この方針によって、プレイ開始当初の装備などが万全でないタイミングでも、「腕」次第で活躍することが可能。

この作りによって、リリース後に時間が経過しても、新規プレイヤーが参入しやすいのも特徴です。

高いスキルを有するプレイヤーのみが参加できるリーグも存在し、プレイヤーの実力に報いるゲームデザインが行われていますが、同時にカジュアル性も意識されており、気軽にゲームを楽しめるような作りとなっています。

リーグ戦モード

「Trouble Punk: Cyber Galz」には、複数のゲームモードが用意されており、メインとなるのが「リーグプレイ(リーグ戦モード)」です。

「リーグモード」には 後述するGalz NFTをステーキングした状態で、独自トークンのTORBとステーブルコインUSDCを参加費用として支払うことでプレイできます。1リーグのプレイ時間は30分から1時間。ゲーム中の成績によって順位付け(ランキング)が行われ、上位のプレイヤーほど良い報酬を得られる仕組み。

具体的には、ランキングの上位80%は、TORBを報酬として即座に請求できます。受け取れるトークン量は参加費の1%~2.5%(支払った量によって変動)。一方、下位20%になってしまったプレイヤーには、参加費の2~5%が報酬として当たられますが、支払い金と報酬一部がロックされます。引き出し不能となったトークンは他プラットフォームには移せませんが、Trouble PunkやYooldo上の他ゲームでは使用できます。

一定以上のスキルを有すると認められた人は「General League」に加えて、「Pro League」に挑むこともできます。同リーグは1日に3回のみ開催され、「General League」形式の報酬に加えて、月ごとに支払われるリワードが設定される予定です。

独特な陪審員システム

また特徴的なのが「陪審員裁判セッション(Jury Trial Session)」と呼ばれるシステムが採用されている点です。

これは、各リーグの終了後に実施される「審査」で、選手の悪質な行為や不正を防止することが目的。リーグ戦の録画映像を確認し、不正を行ったプレイヤーがいた場合は、試合参加費が不正を摘発した選手側に分配されます。

通常のゲームではこういったプロセスは運営企業が行いますが、本作では告発や陪審員の役割は、すべてプレイヤーが務めます。

告発者は、自身のゲーム参加費全額を担保として提出します。不正を疑われた人は、もし問題行為が認定されても2回まで再審請求が可能(最後は運営チームが確認)。無罪となった場合は、参加費と報酬の両方を受け取れます。

陪審員には、参加費と同額のトークンを支払うことでなることが可能。有罪と無罪を審理前に判定し「正しい側」にいた場合、支払い金は返却され、結果に応じて報酬を得ることができます。間違っていた場合は、陪審員としての参加費用は分配される仕組みです。

なお、現段階では詳細は未定ながら、プレイヤーがゲーム内マップを制作できる「ビルダーモード」も導入される計画です。

マップ製作者には、プレイヤー側の使用回数に応じた報酬が支払われる予定。3Dモデルをマーケットプレイスで他のクリエイターに対して売却することも可能です。

トークン経済は持続可能性を重視

従来のP2E(遊んで稼ぐ)系ゲームよりもゲームプレイを重視。ユーザーの実力次第では誰でも報酬をもらえるシステムを備えております。

また、手数料を支払えなかったり、NFTを購入する元資金がなくても、パトロンから手数料を立て替えてもらうことが可能。代わりに、パトロンはゲーム報酬の一部を受け取ることができます。

8月中旬にクローズドβ版を計画

現在、Trouble Punkはクローズドβテスト(CBT)を8月16日に実装予定。CBT完了後、ユーザーのフィードバックをもとに修正を加えた後、今夏中のβ版の実装を見込んでいます。

なお、8月開催予定のクローズドβテスト参加者には全員に100ドル相当を超える量のTROBを配当する方針です。

プロジェクト詳細

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します