CoinPostで今最も読まれています

Web3特化型投資企業CGVファンドパートナーが語る、グローバル戦略と投資戦略

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CGVについて

Cryptogram Venture(CGV)は日本に拠点を置く、クリプトおよびWeb3業界に特化したリサーチ・投資会社です。CGV FoFはHuobi Ventures、Rocktree Capital、Kirin Fund などのファンドのLPになります。現在、CGVはシンガポール、カナダ、中国などに支社を置いています。

CGVは革新的な「クリプトFoF(Fund of Funds)型」の組織です。すなわち、Fund、Studio、Projectの3種類の対象に同時に投資し、クリプトとWeb3のエコシステムに対して全方位的にアプローチしています。

Khan氏Khan

アジアやカナダに拠点を置くWeb3特化型投資企業・Cryptogram Venture(CGV)のファンド・パートナー。

CGVのポートフォリオについて

CGVは「リサーチドリブンの投資」をモットーに、これまでFTX、Republic、CasperLabs、 AlchemyPay、The Graph、Bitkeep、Pocket、Powerpool、Mechaverseなどに投資しています。

この内、MechaverseはCGVが最近投資した日本発のプロジェクトです。MechaverseはMechaverse Labs傘下の初のオートチェス、3Dバトル、ガチャポンマシンなど様々なゲーム形態を持つメタバース(仮想現実)リアルタイム・ストラテジーゲームです。

日本が本場のアニメ・ゲーム業界、IP資源と暗号技術を武器に、全世界のプレイヤーに日本式の没入型ブロックチェーンゲームとNFT(非代替性トークン)コレクションのインタラクティブな体験を提供します。

上記の投資事例に加えて、日本円ステーブルコインJPYW(PassPay 株式会社)やメタバースプロジェクトREDなど、日本国内の他のプロジェクトにも積極的にアプローチしています。

また、CGVのリサーチ部門であるCGV researchでは、クリプト業界の価値分析に焦点を当てた『Crypto Review』や、クリプト系スタートアップのプロスペクティブスタディを主軸とする『Crypto Radar』、クリプト業界の投資市場を総括する週刊の『Crypto Vane』などを刊行しています。

出典:Cryptogram Venture

日本の政策や市場、そしてプロジェクトをどう見ている

長期的に、日本のクリプト・Web3 市場の発展を有望視しており、「Web3 Hackathon」の立ち上げにも日本を選びました。主な理由は以下の通りです。

まず、我々の考えは、日本政府が掲げるWeb3業界発展の構想と合致しています。

岸田文雄首相は2022年5月、ロンドンでの講演で、メタバースやNFTなど Web3関連の成長が日本の将来の成長戦略に含まれることを強調し、日本政府がWeb3 関連のインフラを含む新しいサービスの創造を促進する環境整備に向けた制度改革に取り組むと表明しました。

関連:「戦後に次ぐ第2の創業ブームを」岸田総理、Web3.0推進に向けた環境整備へ意欲

また、自民党のデジタル社会推進本部は22年1月、Web3 時代のイノベーションを推進するため「NFT政策 検討PT(Web3PTに改名)」を発足。“Web3担当大臣”を新設し、Web3を国家戦略に組み込むことを提言してきました。

さらに、22年3月には自民党の塩崎衆議院議員が財務金融委員会にて、日本は「Web3戦略を成長戦略の中心にすべき」であり、政策の優先順位を上げるべきと訴えていました。

政策以外でも、日本のWeb3市場は大きなポテンシャルを秘めています。日本はアニメやゲームなどのIP コンテンツ、および優秀な人材を豊富に抱えており、楽天、LINE などの日本のIT大手や、三井、三菱グループなどの伝統的な大手商社がNFTやWeb3市場に続々と参入しています。

これに加えて、日本は世界で最も早く暗号通貨取引を受け入れ、取引所の規制を制定した国の一つです。市場要素と規制の両面から、日本はクリプトとWeb3の分野で大きなポテンシャルを秘めており、Web3関連のユニコーンが日本市場で誕生する可能性も否定できません。

今夏ハッカソンを企画した意図とは

Tokyo Web3 Summer Hackathonを通じて、世界のWeb3分野における優れた才能とチームを発掘、支援し、開発者のために、一般市民の生活に根ざした革新的でユーザーフレンドリーなWeb3プロジェクトを創出できる機会をつくりたいと考えています。

ブロックチェーンインフラ、メタバース、NFT、DAO、SocialFi、GameFi、DeFi など、Web3のキーワードの応用可能性を共に探るとともに、プロジェクトのスタートダッシュや持続的な成長をサポートし、様々な産業のデジタル化に技術力と新たな活力を注入していきます。

インタビュー中のKhan氏

CGVのグローバル戦略と投資戦略について

CGVは、「リサーチドリブンの投資」という方針のもと、日本の地理的優位性とビジネスハブとしての有用性を活用しながら、アジアと北米などのエリアパートナーのリソースを統合。チームの専門性と生産性の高さを生かして、グローバルな視野をもって、より多くの革新的なクリプト系プロジェクトを発掘・支援していきます。

  1. Web3
  2. メタバース
  3. NFT
  4. GameFi
  5. DAO

現在のクリプト業界をどう見る

近年、世界のクリプト市場は大きな変動を経験し、新たな調整期を迎えています。それにも関わらず、Web3というワードは誰の耳にも入るところとなり、世界の資本市場、開発者、ユーザーはWeb3に代表される次世代インターネットの基礎技術やアプリケーションの進展をかつてないほどの熱意をもって見守っています。

Web3の性質上、それぞれのユーザーが作成したインターネットコンテンツは、それぞれのユーザーによってコントロールされ、さらには所有されます。そしてこのことが、新世代の価値あるインターネットへの道を開くと私たちは確信しています。

2022年という重要な時間軸に立つことは、SNS大流行前の2008年に立つことと同様の意義を含みます。経済的にも、社会的にも、技術的にも、多くの分野に利益をもらたすWeb3は、現在、そして将来的にも注目の投資分野であるに違いありません。

強気相場が到来するためのキーワードとは

新たなシナリオの中にこそ、新たな成長の余地があります。未来のシナリオを予測・発見し、前もって戦略を練ることは、クリプト業界の人間にとって必要不可欠な要素です。

2020年から今日に至るまで、私たちはDeFiの台頭やNFTの出現、GameFiの流行、メタバースへの情熱、レイヤー2の実装、新たなパブリックチェーンの狂乱などを目の当たりにしてきました。

Web3のコンセプトは、時には野心的すぎるように思われるかもしれません。CGVの研究チームは、細分化されたニッチなニーズに着目しつつ、現在のクリプト業界のペインポイントやトレンドも考慮し、次なるブル相場のシナリオの鍵を探ってみようと思います。

  1. Soulboundトークン(SBT)
  2. ゼロ知識証明
  3. X to Earn 2.0
  4. NFTFi
  5. 仮想不動産
  6. クリプトモバイルターミナル
  7. 仮想通貨ETF
  8. STO
  9. ステーブルコイン

仮想通貨業界のグローバルな規制について

クリプト業界が市民権を得た金融の枠組みの一部となることを目指すなら、規制は欠かせない要素です。 歴史を振り返ると、どの成長産業も多かれ少なかれ規制を受けてきました。20年前、 「インターネット」という言葉を法律で定めていた国はごくわずかでした。今日、ほとんどの法制度は、この相互に接続された新しい世界に対応しています。好むと好まざるとにかかわらず、クリプト業界にも同様なことが起こるでしょう。

規制は、消費者と投資家の保護、市場の信頼性と金融の安定性の向上を促進します。これは、クリプト業界の遵法性も高めるものであり、この相乗効果が新たな投資家を引き付け、ひいては暗号通貨が市場に広く浸透することを可能にするでしょう。

世界の勢力構造をどう見る(金融・仮想通貨領域)

クリプト業界は現在、3つの大きな情勢の変化に直面しています。

第一に、クリプト業界は、その歴史的プロセスから見て、「金融システムの末端」から「デジタル経済の中心」へと徐々に変貌を遂げています。

第二に、暗号資産市場は、ライセンスなしの「野蛮な成長」から、法令遵守による「理性的な繁栄」へと移行しています。

第三に、クリプト業界への投資分野では、ボラティリティの高い「爆発的な上昇」から、質の高い「持続的な成長」への転換が進んでいます。以上のことから、CGVは今後もWeb3アプリケーションや暗号資産分野への投資戦略を推進していきます。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧