サムスン証券など韓国金融7社、来年仮想通貨取引所立ち上げか

証券会社7社

韓国証券会社7社は仮想資産取引所を立ち上げるための予備的な承認と法人設立を申請している。地元紙NewsPimが22日に報じた。

電子製品大手サムスン関連のSamsung Securitiesや大手資産管理企業Mirae Asset Global InvestmentのMirae Asset Securitiesは7社に含まれ、Samsung Securitiesが現在ブロックチェーン基盤の証券トークン市場についてリサーチしており、Miraeの方は仮想通貨やNFTに関する技術者を募集している。来年の上半期に仮想通貨取引所をローンチする見込みだという。

また、NH Investment&SecuritiesやShinhan Financial Investmentといった金融大手の名も上がっている。

韓国では5月のテラ騒動を受け、当局が国内仮想通貨業界への取り締まりを強化。一方、3月に大統領選で当選した尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏は仮想通貨業界の成長を促進するために規制緩和を打ち出していた。

関連韓国、無許可で仮想通貨取引を提供した疑い 16社が調査対象に

関連仮想通貨テラ(LUNA)創設者、ディペッグ騒動後初のメディア出演

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します