ナイキ傘下のRTFKT、NFTコレクション「Clone X Forging」SZN 1を発表

NFTアバターに基づいたアパレルを展開予定

ナイキ傘下でメタバース(仮想空間)上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT(アーティファクト)」は30日、新NFT(非代替性トークン)コレクション「Clone X Forging」のシーズン1を発表した。

ホルダー向けのミント(鋳造)は、8月31日から9月7日までに実施予定。

RTFKTは、2020年1月に設立されたクリエイター主導の企業で、NFTやブロックチェーン認証、拡張現実(AR)などの最新技術を活用したバーチャルアパレルブランドを展開。2021年末に大手スポーツブランド「ナイキ」に買収された。

関連:NFTブランド「RTFKT」、ナイキとのコラボスニーカーを公開

「Clone X Forging」は、RTFKTが展開する、アーティストの村上隆氏とコラボしたNFTアバターコレクション「Clone X」に基づいたもので、同コレクションの保有者(ホルダー)が発行できる仕組み。

「Clone X」は、現時点で以下の8種類(DNAタイプ)が存在しており、「Clone X Forging」では、DNAに一致したアパレルデザインをミントすることができる。

  • Human(人間)
  • Robot(ロボット)
  • Demon(悪魔)
  • Angel(天使)
  • Reptile(爬虫類)
  • Undead(ゾンビ)
  • Alien(宇宙人)
  • Murakami(ムラカミ)

「Clone X Forging」は、ジャケットやスニーカーといったアイテムが用意されており、ひとつの「Clone X」から、それぞれ2つのアイテムを発行できる。例えば「Human」のNFTをひとつ所有する場合、同デザインのジャケットを2点、スニーカーを2点入手可能。

無料でミントできるNFTも

また今回は「Clone X」と、そのスマートコントラクトにインスパイアされた「Clone X Genesis collection」も新たに展開される。

こちらは全てのDNAタイプの「Clone X」から発行できるが、入手できるのは1点のみ。Tシャツ「Genesis T-shirt」に関しては、無料で発行可能だ。

なお「Clone X Forging」は(デジタル上の)NFTのほか、実際のアパレルとしても展開され、NFTの所有者は現実世界で同じアイテムを得ることができる。近距離無線通信(NFC)チップが埋め込まれており、デジタルアイテム側とリンクさせることが可能だ。こちらの受け取り申請(Forge)は、9月7日から9月14日の間に受付予定となっている。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

メタバースに注力するナイキ

RTFKTはナイキによる買収後、同社関連のプロジェクトも進めており、4月にはNFT(「RTFKT-MNLTH」)を購入した人だけが入手できるコラボシューズをリリースした。

またナイキ自体、NFT・メタバース領域において、特に大きな動きを見せている企業の1つで、21年11月には、メタバース参入を示唆するバーチャルグッズの特許申請をするほか、大手オンラインゲーム「ロブロックス(ROBLOX)」内に独自のメタバースエリア「NIKELAND(ナイキランド)」の設立を発表。

関連:NFTが人気ブランドの新たな収入源に ナイキの関連収益は250億円

同社はNFTで多額の収益を得ていると見られており、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上の大きなプロジェクトを分析した「Dune」は、ナイキのNFT関連の総収益は、約250億円(1.85億ドル)に達していると報告している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します