NFTが人気ブランドの新たな収入源に ナイキの関連収益は250億円

NFTを新たな収入源に

スポーツブランドのナイキや高級ファッションブランドのドルチェ&ガッバーナ(D&G)らの人気ブランドは、NFT(非代替性トークン)を新たな収入源とし、大きな収益を上げていることが公表された。

イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上の大きなプロジェクトを分析した「Dune」のデータによると、ナイキのNFT関連の総収益は約250億円(1.85億ドル)。D&Gは約34億円(2,500万ドル)で、他にもアディダスやグッチらも、収入源としてNFTを活用している。

出典:Dune

NFTは2021年に国内外で広く普及。同年の需要の高まりは「NFT元年」と表現され、日本では昨年、「ユーキャン新語・流行語大賞」にNFTがノミネートされるほどであった。一方で現在は、優良NFTコレクションのフロアプライス(最低価格)が下落する事例も確認されている。

関連2021年の流行語大賞候補、仮想通貨関連用語で「NFT」がノミネートされる

関連NFT担保融資BendDAO、不良債権処理のためオークション機構を見直し

スポーツ用品やスニーカーなどを販売するナイキは昨年、DX(デジタルトランスフォーメーション)に向けて大きな動きを見せた。21年11月には独自のメタバース(仮想空間)エリア「NIKELAND(ナイキランド)」の設立を発表している。

関連ナイキもメタバース参入、ゲーム内に「NIKELAND」設立

また同12月には「RTFKT」を買収したことを発表。RTFKTはクリエイター主導の組織で、NFTやブロックチェーン認証、ゲームエンジン、拡張現実(AR)などの最新技術を活用し、スニーカーなどのデジタル製品を作っていた。

関連ナイキ、メタバース関連企業「RTFKT」を買収

高級ブランドのNFT参入

D&Gのような高級ブランドもNFT事業に参入している。同社は今年2月、独自のNFT関連コミュニティ「DGFamily」を発表。DGFamilyのメンバーには、限定スワッグパックなど現物とデジタル上の特典が付与され、特典には特別な「記念品」も含まれるとした。

関連伊ドルチェ&ガッバーナ、限定NFTコミュニティ「DGFamily」設立へ

また、上記画像の3位に入っている高級ジュエリーメーカーのティファニーは今月6日、同社初となるNFTコレクション「NFTiffs」を発行。海外メディアによると発行開始から数十分で全てのNFTが完売しており、ティファニーは約15億円を売り上げた計算になるという。

関連ティファニーのNFTが完売、約15億円を売上か

ハッキングの対象に

一方で、需要が高まったNFTは悪用される事例もある。

今月には、国連安全保障理事会の専門家パネルが、北朝鮮制裁委員会に提出した中間報告書案で「北朝鮮が今年に入り、サイバー攻撃を通じて数百億円相当の暗号資産(仮想通貨)を盗み取った」と指摘したことが分かった。

専門家パネルは、「未成熟な市場で相対的に規制水準が緩い」ことから、北朝鮮が資金調達とマネーロンダリングにNFT市場を悪用するケースが増加しているとも指摘。NFTを匿名性の高い口座での買い戻したりする手口で、マネロンしている可能性があるとの見方を示している。

関連北朝鮮、DeFiやNFT市場を主なターゲットに=国連安保理報告

マネーロンダリングとは

犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽する行為のこと。

▶️仮想通貨用語集

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します