Moonbirds発行組織、a16zなどから70億円調達

「Moonbirds Mythics」は来年発行予定

NFTコレクション「Moonbirds」などを発行する組織「Proof」は30日、シリーズAラウンドで70億円(5,000万ドル)を調達したことを発表した。

ラウンドを主導したのは、シリコンバレーVC大手a16zで、Collab+CurrencyやFlamingo DAO、SV Angel、VaynerFund、Seven Seven Sixも参加。Seven Seven Sixは掲示板大手のRedditの共同創設者Alexis Ohanian氏がローンチしたベンチャーキャピタルで、4月にはProofの1,000万ドル調達ラウンドを主導した経緯がある。

ProofはVCベテランKevin Rose氏によって立ち上げられた組織で、「PROOF Collective」と「Moonbirds」というNFT会員証を発行。また、5月にはMoonbirdsの保有者に「Oddities」という別のNFTコレクションがエアドロップされた。

関連初セール実施の新NFTシリーズ「Moonbirds」、週間取引量1位で300億円規模を上回る

Moonbirdsの知的所有権めぐる反発

Proofは発行当初、MoonbirdsとOdditiesのIP(知的所有権)については「IPはユーザーのもの」と規定したが、今月上旬にそのライセンスをクリエイティブ・コモンズ(CC0)に変更したためコミュニティから反発され、Moonbirdsの価格は大きな影響を受けていた。(クリエイティブ・コモンズ(CC0):著作権者が権利を放棄して使用に関する制限が一切ない)

それらの状況を改善するために、Proofは今回の調達発表に際し、商標権やプロジェクト資金を管理する「Moonbirds DAO」という組織をオープンする予定と、MoonbirdsとOdditiesの保有者向けの新たなコレクション「Moonbirds Mythics」を来年発行する予定も明かした。

関連NFTの知的財産権は誰のものか=Galaxy Digitalリサーチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します