CoinPostで今最も読まれています

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成、使い方について解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ERC20トークンのICOに参加したトークンの受け取り可能
イーサリアムだけでなく、イーサリアムプラットフォームで作られたERC20トークンに対応しており、ICOに参加したトークンもウォレットに保存することができます。
イーサリアム公式のウォレット
イーサリアムの公式で発表しているウォレットのため、信頼できる上に紙媒体でも簡単に保存できるため、利用しやすいウォレットです。
目次
  1. ウォレットの作成方法
  2. ログイン方法
  3. 画面の見方について
  4. コインの送金方法
  5. まとめ

ウォレットの作成方法

マイイーサウォレットのトップページから作成します。 公式ページはこちら

画面の右上から言語を「日本語」選択します。

次にパスワードを作成します。大文字小文字の英数字で、予測されにくい9文字以上で設定して下さい。(よりセキュリティを高めたい方は15文字以上で設定して下さい。)

パスワードは必ず紙などに記入し、金庫など自分しか開けられない場所に保管して下さい。

パスワードを設定したら「お財布の作成」をクリックします。

次に「秘密鍵のファイル」をダウンロードします。

このファイルは「My Ether Wallet」を開く際に必要になるので、絶対に紛失しないよう明確な場所に保存して下さい。

また、水色の点線の中には英語で注意喚起が記載されています。
  • もし秘密鍵をなくした場合、再発行できないので紛失しないで下さい。
  • 秘密鍵は共有しないで下さい。誤って悪質なフィッシングサイトにファイルが流失したら、あなたの資産が盗まれてしまいます。
  • バックアップは備えておきましょう。将来的に何百万ドルの価値がある秘密鍵になるかもしれないからです。

これを承諾できたらファイルをダウンロードし、「続けます。」をクリックして進みます。

次に「秘密鍵コード」を安全なところへ保管します。この秘密鍵のみでログインすることが可能になります。

要するにこれを盗まれると、ウォレットの資産が盗まれることと同義なので、必ず安全な場所へ保存して下さい。

またプリンターがある場合、必ず紙に保存して下さい。紙で保存すれば、ネットを通じてハッキングされることもなくなるので、より安全に管理できます。

これがペーパーウォレットです。紙にプリントしたら金庫など安全な場所へ保管して下さい。

これでウォレットの作成は完了です。次にログイン方法について説明します。

ログイン方法

マイイーサウォレットのログイン方法を紹介します。

秘密鍵のファイル&パスワードで開ける場合

keystoreファイル(UTC/JSON)を選択します。

お財布ファイルを選択して、先ほどダウンロードした秘密鍵ファイルを選択します。

点線で囲っている部分に最初に設定したパスワードを入力して下さい。

最後にアンロックを選択すればログイン完了です。

秘密鍵のコードで開ける場合

秘密鍵を選択します。

点線の中に保存してある秘密鍵を入力またはペーストします。

アンロックを選択すればログイン完了です。

MEW以外のウォレットをマイイーサに抽出する場合

このウォレットでは一部の別のウォレット(JAXXなど)の情報でログインすることができます。

この方法を覚えておくと、JAXXなどのウォレットがうまく作動しなかったり、不具合が出た場合、マイイーサなどに抽出してトークンを取り出すことができます。

まず”Mnemonic Phrase”を選択します。

“Mnemonic Phrase”とは他のウォレットのバックアップフレーズのことをいいます。

枠線の中に他のウォレットの”Mnemonic Phrase”を入力すると、マイイーサウォレットに他のウォレット情報でログインすることができます。

これにより、間違ってウォレットに対応していないトークンを受け取ったとしても、マイイーサウォレットでログインすれば、対応していなかったトークンを抽出することも可能です。(マイイーサウォレットに対応しているトークンに限ります。)

Google拡張からログインする

Google Chromeの拡張機能を登録すると秘密鍵やファイルを毎回入力しなくてもログインすることができます。

https://chrome.google.com/webstore/search/myetherwallet?hl=jaのURLからCromeウェブストアを開き、「CHROMEに追加」を選択します。

追加したウォレットのアイコンをクリックすると下の図が出てくるので「お財布の追加」をクリックします。

まずは先程のログインと同じ手順でアンロックをします。

アンロックをした後、ウォレットの名前を入力し、「お財布追加」をクリックします。

アイコンをクリックすると、さきほど追加したウォレットが出てきます。これで登録は完了です。

この方法を用いれば、秘密鍵やファイルを入力せずにログインすることが可能です。

トークンを送出したい場合は、パスワードを入力するだけで取引することが可能になります。また、先程のJAXXなどの他のウォレット情報もこの方法でログインすることができます。

画面の見方について

こちらがログイン時のトップページになります。この画面では自分の「ウォレットのアドレス」「イーサリアム保有数(アカウント残高)」「仮想通貨の保有数(トークン残高)」を確認することができます。

ちなみにトークン残高はウォレットに入っているイーサリアム以外の通貨の残高になります。

トークン残高については”Show All Tokens”をクリックするとマイイーサウォレットで扱える仮想通貨の一覧を見ることができます。

ICOなどで特別なトークンを受け取る場合は「カスタムトークンを追加」をクリックし、受け取りたいトークンを選択することができます。

Show All Tokens

マイイーサウォレットの”Show All Tokens”を選択すると取扱通貨一覧が出てきます。

このようにイーサリアム以外の多くのトークンをこのウォレット一つで管理することができます。

カスタムトークンを追加

特別なトークンを追加する場合、「カスタムトークンを追加」で設定します。

カスタムトークンを追加をクリックします。

追加したいトークンアドレス、シンボル、桁数を入力し、「保存する」をクリックすれば完了です。

トークンアドレス、シンボル、桁数はICOが公式で指定されたものを入力して下さい。それぞれの公式ホームページなどに記載されています。

コインの送金方法

メニューバーからトークンの送出を選択し、その後ログインを行います。

ログイン後に「宛先アドレス」「送出するイーサリアムの量」「ガスリミット」を入力し、「トランザクションを生成」を選択します。

ガスリミットとは、イーサリアムの送金スピードのことであり、通常は21000となっています。ただ、ICOなどでガスリミットの数量が指定されている場合は、その数量を入力します。

速く送金したい場合にICOではガスリミットを通常よりも大きい数値で指定されていることがあります。

「トランザクションを生成」をクリックした後に、「トランザクションの送出」をクリックして送金を行います。これで取引が承認されれば送金は完了です。

まとめ

マイイーサウォレットについて紹介してきましたが、イーサリアムだけでなく、多くのトークンに対応している点やペーパーウォレットとして保存できる点がこのウォレットの特徴だといえます。

また、一部の他のウォレットでもログインすることもできるので、非常に使い勝手の良いウォレットです。

ダウンロードはこちらから

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。
12:18
ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む
イランとイスラエルを巡る中東情勢不安が株やビットコイン市場に重くのし掛かる中、6万ドルのサポートライン上で際どく推移するBTC価格。ビットコインETFへの資金流入は、過去4週間にわたって減少傾向にある。
12:10
住宅資産トークン化の「Homium」、アバランチ上で立ち上げ
住宅ローンのトークン化プラットフォーム「Homium」は仮想通貨アバランチのチェーン上で、トークン化住宅資産によるローンを立ち上げた。
10:10
韓国ウォン、対仮想通貨取引高で世界トップに 日本円は?
金融リサーチ企業Kaikoは、中央集権型取引所におけるビットコインなど仮想通貨取引高で、韓国ウォンが米ドルを上回ったと指摘した。
08:50
イーサリアム大口保有者、50億相当を売却
50億相当の仮想通貨イーサリアムを売却して約6億円の損失を出した大口保有者がいることをLookonchainが報告。このアドレスは先月から注目を集めていた。
08:30
Web3のMMORPGゲーム「EFAS」、ソラナ上で経済圏構築へ
EFASはソラナラボが提供する「GameShift」を用いる。「GameShift」とは、ソラナラボが2023年11月にベータ版をリリースした、ゲーム開発者がソラナ上でブロックチェーンを活用した体験をより簡単に作成できるように設計されたプラットフォームだ。
07:30
ソラナ混雑原因のOreマイニング、v2に向けて採掘活動を停止
仮想通貨OREマイニングの停止は永久的なものでなく、システムを最適するためのバージョン2をリリースするために一時的に休止するものだ。
06:50
14年動かなかったビットコイン、4.8億円相当が移動
3日後に半減期を迎える中、2010年4月から動いていなかったビットコイン4.8億円相当が送金された。送金先は仮想通貨取引所コインベースだと指摘されている。
06:30
10万円のイーサリアムOS搭載スマホ「ethOS」、一般販売開始 
ブロックチェーン基盤のethOSフォンは、グーグル「Pixel 7a」機種にイーサリアムのOSがプレインストールされた端末で、分散型のメッセージ機能や決済機能の利用が可能だ。
06:00
a16zが新ファンドで1.1兆円調達、Web3ゲームにも投資か
調達した資金がどのように投資されるかは不明だが、同社のゲーム・ベンチャーは以前、Web3・ブロックチェーンゲーム分野に関心を示したことから、関連の仮想通貨銘柄にも投資すると期待されているようだ。
04/16 火曜日
17:08
暗号資産取引関連の損益計算、約15%が「今回が初めて」と回答|Gtaxアンケート
株式会社Aerial Partnersが実施した「Gtax」利用者向けの2024年暗号資産(仮想通貨)確定申告アンケート結果。取引用途が多岐にわたり、計算処理が複雑化する中で、損益計算の計算ツールへの切り替え需要が高まっていることが示された。
16:23
テレ朝グループのBCGアクセラレータープログラム、競走馬育成ゲームを発表
株式会社テレビ朝日と株式会社テレビ朝日ミュージック、extra mileがブロックチェーンゲームアクセラレーター「tv asahi Blockchain Games」を立ち上げ。インキュベーションからパブリッシングまでのサポート。初のゲームタイトル「NEOBRED」も注目。
14:25
リップル裁判、23日の公判前にSECと和解する可能性は
米証券取引委員会対リップル社の公判が4月23日に迫る中、16日に公判前会議が予定されていることから、両者が和解するのではないかとの憶測が広まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア