CoinPostで今最も読まれています

XRPウォレットXummの新たな決済機能発表へ XRPL開発者サミットで

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Xummウォレットの新機能

リップル社投資部門から出資を受けたスタートアップXRPL Labsの開発者は6日、暗号資産(仮想通貨)XRPのウォレット「Xumm」での新たな決済機能開発について明かした。

開発者のDominique Blomsma氏は、XRPウォレット「Xumm Wallet」のプラグインにより、新たな決済・返金機能を提供できると述べている。詳細は、7日から8日にかけて開催される「Apex Dev Summit(XRPL開発者サミット)」で説明するとした。

この機能は、ユーザーがXRPで支払った代金を受け取る際に、店舗側が好みの仮想通貨を選択することを可能にするものだ。

XRPL LabsのXumm Wallet担当チームに加えて、オープンソースのeコマースプラットフォームであるnopCommerceの開発者が、この決済ソリューションの開発に携わってきた。

Xummは、XRPL Labsが開発した仮想通貨ウォレット。仮想通貨XRPの保管やP2P送金を行うことができる。6月には、プッシュ通知や、後日発表されるプロフィール機能に関連したパブリックアカウント名などの機能が追加されたPro Beta版がリリースされた。

関連仮想通貨XRP(リップル)のP2Pウォレット「Xumm」来年前半ローンチへ

CBDC開発コンテスト

Apex XRPL Dev Summitは、リップル社の決済ソリューション開発部門RippleXと、XRP Ledger Foundationが主催し、9月6〜8日に米ラスベガスで開催予定。

このイベントでは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)や、XRPLブロックチェーンの相互運用性、XRPLエコシステム内のDeFi、NFT(非代替性トークン)なども主要な議題になる予定だ。

CBDCについては「CBDC Innovate challenge」コンテストの最終選考に残った者も発表される。これは、参加者がXRP台帳を使って、CBDC関連の開発を競うものだ。課題としては、「相互運用性」「一般消費者向け機能」「金融包摂」の3分野が提示されており、参加者はこのいずれかに取り組む。

リップル社は8月、自社のCBDC開発プラットフォームで仮想通貨XRPをブリッジ通貨として使用することを明らかにした。仮想通貨XRPやクロス台帳通信プロトコルを使用することで、効率的なクロスボーダー取引などが実現できると説明している。

また、トランザクション自体は2~3秒で完了し、ネットワーク参加者はCBDCプラットフォーム上の資金を法定通貨と交換して発行者に返却することもできるとした。XRP台帳が、カーボンニュートラル(炭素排出量が全体としてゼロ)であることも強調している。

関連米リップル社、CBDCプラットフォームにXRPをブリッジ通貨として導入

NFTへの取り組み

リップル社はNFTにも取り組みを進めており、7月にはNFTプラットフォームCrossTowerとの提携を発表。XRP台帳で作成したNFTをCrossTowerのマーケットプレイスで新たに取り扱うことになった。

関連リップル社、NFTプラットフォームCross Towerと提携

また、XRPL上でのNFT作成をより効率化するための規格「XLS20」を承認するかどうかについて、バリデータ(検証者)投票が9月13日まで行われているところだ。「XLS20」は、実行タスクの削減によるパフォーマンスへの影響軽減や作成プロセスの大幅な簡素化などを実現する。

現時点(9月7日)では、約89%が賛成票を投じている。

関連XRPレジャー、新NFT規格を導入するためのバリデータ投票を実施中

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア