米リップル社、CBDCプラットフォームにXRPをブリッジ通貨として導入

ブリッジ通貨などとして活用

米リップル社は25日、同社の中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連Webページを更新。同社がCBDC開発プラットフォームで暗号資産(仮想通貨)XRPを使用することを明らかにした。

関連福岡市の高島市長、米リップルの本社を訪問

リップル社のCBDCプラットフォームは、XRP Ledger(XRPL)を基盤に各国の中央銀行が利用することを想定し、デジタル通貨を安全かつ柔軟に発行・管理できるソリューションを提供することが目標。CBDCのトークン化サポートのほか、決済やDeFi(分散型金融)などの実装にも使用できる。

関連:デジタル・ユーロ協会(DEA)が米リップル社と提携、欧州のCBDC研究開発に協力

同社は仮想通貨XRP、あるいはクロス台帳通信プロトコルとして使用することで、(他の中央銀行と)効率的なクロスボーダートランザクションなどが実現できると解説。

また、金融機関が複数のネットワーク、あるいは通貨を使用して送金を行うリスクが軽減されるとしている。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い

▶️仮想通貨用語集

持続可能性も重視

リップル社が提供するCBDCは、既存の金融システムに統合できる仕組みになっており、決済システム、コア元帳、他のCBDCとも接続できる。銀行側は暗号化マルチサイン制御を利用して、CBDCを発行することが可能だ。

CBDCの発行者(各国の中央銀行など)は、認証されたアカウントに送金することができる仕組み。トランザクション自体は2~3秒で完了し、またネットワーク参加者は、CBDCプラットフォーム上の資金を、法定通貨と交換して発行者に返却することもできるとリップル社は説明。

持続可能性(サステイナビリティ)も重視されており、XRP Ledgerがカーボンニュートラルであることも強調されている。

関連:リップル社、中央銀行デジタル通貨(CBDC)をブータン王国と試験運用へ

2021年にはブータンで実証試験

リップル社は以前からCBDCに関する取り組みを行っており、2021年にはブータン王国の中央銀行「Royal Monetary Authority(RMA)」と協業し、試験運用を行うことを発表。

このテストは、ブータンの決済インフラにリップル社の台帳「CBDC Private Ledger」を導入するもので、企業や個人が利用する「リテール決済」、銀行間の決済である「ホールセール決済」、さらに国際送金の実験を行うとされていた。

また22年2月には、ドイツに拠点を置き、デジタル通貨に特化したシンクタンクであるデジタル・ユーロ協会(DEA)と提携し、共同でCBDCの研究開発に取り組むことを公表している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します